« 英検1級合格記録 16日間できること! | トップページ | 英検1級合格記録 2週間で出来ること »

2014年1月11日 (土)

英検1級合格記録 習慣づけ!

26日の1次試験まで後2週間。仕事、子、学校と日々忙しい人達には、この3連休が1次試験に受かるかどうかの大きな分水嶺だろう。午前中であれ、午後であれ、ともかく、4時間はドリル用に時間を確保しよう。2時間あれば、リスニングを除き筆記試験のドリルをこなし、復習も出来る。これを2回転できれば、また、そこで自分の弱点があぶりだされるはずだ。その弱点の克服に2時間を使おう。少なくとも、計4時間を早朝を含めて、朝食前と朝食後に使えば、午後は丸ごと、他の雑用や趣味に使える。また、単熟語は試験日の最後の最後も瞬間まで1点をかさ上げするために使えるし、リスニング音源と問題用紙コピーを用意しておけば、試験場もでの電車の中で最後のリスニング・ドリルがこなせる。これは、僕の個人的な方法だが、英作文ドリルは課題をいくつか頭に中に入れておく、鉄道駅や空港での待ち時間を使い、15分で、その辺で手に入る広告やチラシの裏を使い英作文のドリルをこなしてみたものだ。これはペンが1本あれば、どこでも練習出来る。そう、良い習慣をいつも忘れずに実践しよう。合格と言う文字はその先に見えてくる。長文解読はタイム誌あたりを速読しよう。時間を限って1ページを読みきってみよう。600語を5分で読みきる必要がある。語数を数え、トピクスを変えながら、何篇かを読みきってみよう。これは問題集だけをこなしているとマンネリで飽きてくるからだ。飽きないようにしながら良い習慣を続ける工夫も大切だ。

|

« 英検1級合格記録 16日間できること! | トップページ | 英検1級合格記録 2週間で出来ること »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54564812

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 習慣づけ!:

« 英検1級合格記録 16日間できること! | トップページ | 英検1級合格記録 2週間で出来ること »