« 英検1級合格記録 リスニング試験 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング合格最低ライン »

2014年1月 3日 (金)

英検1級合格記録 1次まで23日

1月26日(日)がどんどん近づいてくる。「きんちゃんの英語日記」ブログでは、今回で合格を目指して、新年の巻頭に誓いを立てておられる。通訳案内士のひとりによる14回目の挑戦だ。彼には関門が二つある。言わずと知れたリスニングと長文問題だ。リスニング合格の目安は最低20点だが、不合格者はパート4の2問4点は大部分は0点だ。僕も79点で不合格時は0点だった。ひとつにはスタミナ切れで集中力が切れることがある。もうひとつは全体インタビューをただ、塊として理解しようとして、2問計8選択肢から正しい答えを見つけようとする作業を行うことが出来なくなることだ。スタミナが切れると事前に問題文を読むことなどもちろん出来ない。時間的にも、精神的にも、そんな余裕が生まれる余地がないからだ。インタビューは前半と後半で内容が異なる。前半を読みきり、同時に答えを見つけておくのが、コツなのだが、もちろん、インタビューが途中で切れるわけでもない。違いなど判然とするわけがない。話が後半で変わることは、後半の問題文を読んでおいて予想するのだ。その転換点を掴み、回答指示が音声で流れた瞬間に検討をつけておいた前半の回答にチェックをつける。後半はインタビューの中でホストやホステスが何回か回答のヒントになる単語や文章を口にする。それをなんとなくでも覚えておいて、2問の選択肢に合致しそうな答えを見つけるのだ。もちろん、時間はなど殆どない。記憶もあっと言う間に消えてしまう。インタビューが理解でき、頭の中に残っている間に2問とも答える。これが出来ないと2問で4点はとれない。取れなければ多分合格は出来ない。なお、長文問題は次回の話題としたい。

|

« 英検1級合格記録 リスニング試験 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング合格最低ライン »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54474170

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 1次まで23日:

« 英検1級合格記録 リスニング試験 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング合格最低ライン »