« 英検1級合格記録 歴史能力検定合格 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング・テスト »

2014年2月 2日 (日)

英検1級合格記録 身に付かないリスニング力

中々身に付かないのが、リスニング力だろう。15点レベルで不合格になる例をまず想定してみよう。パート1で5点、パート2で4点、パート3で4点、パート4で2点。と言ったところだろうか、?比較的簡単なパート1は9点から10点を取らないと最低限の合格点レベル19点から20点には達しない。筆記で60点から61点を取る実力があって、漸くリスニングが最低限のレベルでも合格にようやくたどり着くかどうかだろう。リスニングのパート1はドリルで成果の上がる問題だ。問題集で集中的にパート1を強化すれば、9点から10点が取れるようになる。問題音源の内容は難しくない。リズムに乗り、答えが分かった段階ですばやくマーク・シートを塗りつぶす。パート1は4択解答も瞬時に理解し易い。次にリスニングの中でやさしいのはパート3だ。ここは前提条件をきちんと、早とちりしないように頭の中に収めておけば、問題音源は聞き取れる。4選択肢の答えとなる文章も極短い。前提条件をはずさないで、問題を聞き取れれば答えは見つかる。ただ、日常会話なので、何気ない単語が理解出来ないという状態は作らないようにしたい。これも問題集をきちんと数年分こなせば、同じような問題が出題されるので、初めての単語でまごつくということはなくなる。パート1とパート3はドリルで身につくと考えてよいと思う。

|

« 英検1級合格記録 歴史能力検定合格 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング・テスト »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54830028

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 身に付かないリスニング力:

« 英検1級合格記録 歴史能力検定合格 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング・テスト »