« 英検1級合格記録 2次スピーチまで4日 | トップページ | 英検1級合格記録 2次本番 »

2014年2月20日 (木)

英検1級合格記録 2次スピーチ練習も習慣化を

2次試験まで後2日を残すのみとなった。2次スピーチの合格率は1回に付き25%位のものだろう。1次に合格した受験生はみんな実力はあるわけだが、即興で与えられた御題から2分以内で話すと言うのは実は至難の技だ。英語の実力試験としては、生スピーチがあるのは英検だけだから、TOEIC950点などよりは余程力が付く。僕が会社員時代指導した若い社員たちは950から890点を持っていたが、英検1級保持者はいなかった。研修でも北アフリカからドイツ人など、あえて英語を母語としない人達に即興で若手社員と対話をお願いしたが、なかなかうまく出来る人達はいなかった。これも教育の問題だろうとは昨日、このブログで書いた。2次受験生の方々は場面設定を自ら行い、生スピーチを声を出して繰り返そう。本番では時間の超過は仕方がないくらいの気持ちで試験に臨もう。英検1次のエッセイを題材に残りの日々で20本くらいをドリルに励もう。暗記はうまく行かない。応用がとっさにきかないからだ。自分の英語で出来るだけスピーチを引っ張り、質疑応答にはきちんと答えよう。自分なりの見解を話せばいいのだ。リスニングも合格しているのだから、焦らなければ試験委員の英語は分かる。時たま英国人の試験委員に当たることもあるが、別に分からなければ聞き返しても問題にはならない。ともかく、どんどん話そう。沈黙だけは避けたいものだ。

|

« 英検1級合格記録 2次スピーチまで4日 | トップページ | 英検1級合格記録 2次本番 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/55071734

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 2次スピーチ練習も習慣化を:

« 英検1級合格記録 2次スピーチまで4日 | トップページ | 英検1級合格記録 2次本番 »