« 英検1級合格記録 長文解読のコツ | トップページ | 英検1級合格記録 実は難しい2次スピーチ »

2014年3月28日 (金)

英検1級合格記録 長文解読 穴埋め問題

25問の単熟語問題を特急で片付けたら、2問、500語程度の長文ふたつに取り掛かろう。穴埋め問題は各問題文に3点、ふたつの文章で計6点満点。一問につき1点なので、時間をかけて 解いている暇はない。ただ、時間が取れないだけに全問正解は以外と難しい。それでも、5点から満点の6点を取るためには、文章との距離が取れるかどうかがコツだろう。あまり、近視眼的に文章のつなぎだけを考えて解を入れてゆくと、どれもが正しいように思えてくるものだ。そこで、文章をまず一気に穴を埋めずに読み、全体像で何を言いたいのかを推測してみる。意味が大体つかめたところで、3問の穴をうめ、文章の意味が通るかを確認してみる。たいていは最初にひらめいた答えがあっているものだ。2問とも同じ要領で穴埋めして行こう。俯瞰的に文章全体を眺め、意味が通ればそれでよしとしよう。何度も解を入れ替えていいると時間は無くなる上に混乱して来て正解がますます分からなくなってくるような事態だけは避けよう。1点問題だと割り切ることも時として必要になる。

|

« 英検1級合格記録 長文解読のコツ | トップページ | 英検1級合格記録 実は難しい2次スピーチ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 長文解読のコツ | トップページ | 英検1級合格記録 実は難しい2次スピーチ »