« 英検1級合格記録 英作文 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング力を養う »

2014年3月13日 (木)

英検1級合格記録 難関の1次リスニング

なんと言ってもリスニング試験の難しさは一部の受験生にとっては尋常ではない。いつもこのブログで主張していることだが、リスニング・テスト34点満点中27点の合格平均点は高すぎないか?これは帰国子女や英語圏での留学経験者や複数年に渡る駐在経験者が受験生の中におり、その人達が高得点で合格しているからではないだろうか?そのように主張している僕自身は直近2回の不合格時で25点、12年6月の1次合格時で26点だった。この時は85点で合格しているから筆記は59点だったことになる。やはり、リスニングの比重は大きいが、それでも平均合格点には達していない。僕自身は英語圏で過ごしたことはないが、長年フランス語でドリルを重ね、現地でも電話や直接会話で耳が鍛えられたことは大きいと思っている。それでも26点だ。英語リスニング・ドリルは6ヶ月ほどこなして聞き取れるようになった記憶がある。これフランス語での話しだが、37歳で2度目の駐在を命じられる前にアメリカ国務省監修の「Incentive Spoken French」と言う、英語とフランス語で編集された古い教材が街の大型書店で売っているのを見つけて購入したことがあった。内容はド・ゴール大統領がNATOを脱退すると1950年代の話題と言う時代遅れも甚だしい内容だったが、聴き続けたお陰か、フランスに再赴任して半年もすると地下鉄の中の乗客の会話が理解出来るようになった。外国語は流れ、フローで理解するものだとこの時に気が付いた経験がる。

|

« 英検1級合格記録 英作文 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング力を養う »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 英作文 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング力を養う »