« 英検1級合格記録 リスニングと2次試験対策 | トップページ | 英検1級合格記録 独学で次のステップへ »

2014年3月 8日 (土)

英検1級合格記録 リスニングと2次の壁

1次試験と2次試験を並べて比べられてもと言われそうだが、究極のリスニング力を持つことは高得点で1次が突破出来、最終的には2次試験の出来不出来にも作用するだろうと僕は考えている。ある一定年齢以上だとリスニング・テストは合格と言う壁に立ちはだかる高い壁だ。ただ、リスニングテストで高い得点力を挙げておけば、その後の2次試験にも大きな力となるだろう。1次試験最後の壁であるリスニング・テストは集中力を要求するし、少しでもスタミナが切れれば、その時点でテストそのものについて行けなくなる。無意識にでも聴けて、その音を頭の片隅に残しながら、4択から正解を探る。それも質問を正確に捉えながら出来なければならない。パート3でも同様だが、同時に幾通りかの動作が頭の中と手で出来ないとリスニング・テストは突破出来ない。無意識に聴けるかどうかはシャドーイングをやってみて初めて判断が出来る。このシャドーイングが出来れば2次試験突破の鍵ともなる。大体、2次試験は試験委員の聞いてくることがキチンと理解出来なければ対話も出来ない。スピーチがそこそこ出来、質問に正確に答えてこそ漸く2次試験は突破出来るのだ。その意味でも無意識に1次リスニングが聴ける技術を習得しよう。英検1級の特質は本当のところ、このあたりにあるのだろう。

|

« 英検1級合格記録 リスニングと2次試験対策 | トップページ | 英検1級合格記録 独学で次のステップへ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/55280734

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 リスニングと2次の壁:

« 英検1級合格記録 リスニングと2次試験対策 | トップページ | 英検1級合格記録 独学で次のステップへ »