« 英検1級合格 1次試験 リスニング | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士英語試験 »

2014年4月23日 (水)

英検1級合格 聴き取る力

変な話だが、僕はいきなり1級を60歳過ぎに受験しのたので、まず、最初は要領を得なかった。参考書も近くのブックオフで型落ちしたものをただ、2,3冊買っただけ。圧倒的に情報不足のまま、受験した。その後3回続けておちたが、4回目には79点となった。3回受ければ、1年は経つ。その間、参考書のみに頼り、5回目の受験の際は、「7日間完全予想問題ドリル」を日本橋の紀伊国屋で見つけ、漸くこれで勉強すれば、受かるのではないかという感触に辿りついた。5回目も79点。4,5回と1点不足。そして6回目は85点。筆記で60点、リスニングで25点。リスニングにある程度自信があったのは、フランス語を覚える段階で耳を鍛えたという自信があったからだ。36歳で2回目のパリ赴任だったが、この直前にカセットで徹底的に聴き取りを英語/フランス語のテキストでドリルをこなしたからだ。文章は英語とフランス語、音声はフランス語だけ。この経験で、フランス語はフローとして捉え、言語のリズムに乗れればある程度聞き取れるようになると実感していたからだ。それは、パリで仕事を始めて3ヶ月位でやって来た。その経験から英語も、いくら高度でもフロー、流れとして聞き取れれば、理解出来るようになると考えていたからだ。ただ、高度な単語は事前に覚えている必要はある。その上での流れを理解する力であることは言うまでもない。基礎もなく高度な英語がスピードラーニングで身に付くことはない。

|

« 英検1級合格 1次試験 リスニング | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士英語試験 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格 1次試験 リスニング | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士英語試験 »