« 英検1級合格記録  1次ドリル(単熟語) | トップページ | 英検1級合格  通訳案内士 地理試験 »

2014年4月21日 (月)

英検1級合格 通訳案内士 「日本地理テスト」

「力の5000題」問題から最終仕上げ「日本地理」問題を解いている。

1、淡路島、三宅島、利尻島に当てはまるような設問。
2.琵琶湖とサロマ湖に当てはまる海産物や国際条約。
3.カルスト地形とリアス式海岸に当てはまる地形選び。
4.大雪山と磐梯山に当てはまる特徴。
5.九谷焼と結城つむぎに関連する県名を選ぶ。
6.山王祭りとねぶた祭りにあてはまる地方名と関連する産業産品または
  農産物との組み合わせ。
7.江の川と信濃川をそれぞれの特徴で選ぶ問題。
こうしてみると、小学校高学年用中学受験用ドリルは「通訳案内士試験」の地理問題に対応出来る範囲の広さと深さがある。小学校6年生要の教科書を馬鹿にしてはいけない。

|

« 英検1級合格記録  1次ドリル(単熟語) | トップページ | 英検1級合格  通訳案内士 地理試験 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録  1次ドリル(単熟語) | トップページ | 英検1級合格  通訳案内士 地理試験 »