« 英検1級合格記録 2014年英検 単熟語力 | トップページ | 英検1級合格 楽しんで単熟語力 »

2014年4月19日 (土)

英検1級合格記録 1次受験基礎力

引き続き6月08日(「日)の1級1次試験について書いてみたい。僕の受験動機は単純に64歳の定年時には、本業としては絶対に食えない資格であることは良く知られている「通訳案内士」資格を取ろうと考えたからだ。僕の働いていた会社は、幸いなことに60歳が上級管理職の役職定年だったので、それまではのんきに構え、定年後のことは全くなにも考えていなかった。その上、62歳までは僕が立ち上げた部門責任者を引き続き任されていたので、余計差し迫って定年後の生活を計画しようともしなかった。それでも、60歳になった時点で1級受験の準備を週末にはするようになった。結局63歳のときに1次に合格し、64歳になった時点で2次にやっとのことで合格した。欧州との交渉事では英語の他には主にフランス語を使っていたが、国内では法人営業をやっていたので日常生活では英語は必要としなかった。仕事の後で英語学校に通う体力もないし、お金ももったいないので、参考書と模擬試験ドリルをこなすだけで別に特別なことはしなかった。ただ、ゴールデンウイークが来るといつも思いだすのだが、その受験期間、女房とその親友は僕の手配したアジアと上海万博を巡る長いクルーズに横浜大桟橋から出掛けていた。僕はその時期を利用して、ひとりなのをよいことに徹底的に受験ドリルをこなした。単熟語、長文解読、リスニングテストそして、英作文。いえることは受験生には土日も祝日も、ゴールデンウイークもないということだ。遊ぶのは1級に合格してからにしよう。特に、日頃働いている人は週末と祝日しか受験ドリルに貴重な時間を割けない。隙間時間はともかく、勉強にだけ使おう。

|

« 英検1級合格記録 2014年英検 単熟語力 | トップページ | 英検1級合格 楽しんで単熟語力 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 2014年英検 単熟語力 | トップページ | 英検1級合格 楽しんで単熟語力 »