« 英検1級合格 通訳案内士 日本の国立公園 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 地理問題を解いてみた »

2014年4月17日 (木)

英検1級合格 通訳案内士 「2013年度 地理試験」

今朝、突然思い立って、2013年度(平成25年度)の地理試験問題を20分で解いてみた。実際の試験時間は40分。問題はハローアカデミーの資料を引っ張り出して印刷し、出来るだけ短時間で問題を解くように心がけてみた。その上で政府観光局のホームページから回答をPC画面に出し、正答率を調べた。ざっと、解いただけだが、100点中77点と言う結果。僕は過去3年ほどの、邦文問題集を買っていない。それは、「通訳ガイド試験をはじめからていねいに」ブログ主さんが、邦文問題の傾向は読めないと書いておられたのが、第一の理由で、第二に過去2年ほどは試験内容が大きく変更されたからと聞いているからだ。また、僕は昨年7月、漸く英検1級2次試験に合格した直後、「歴史検定試験」、「日本史2級」を受験しようと考えて平行してそちらも受験勉強をしており、昨年12月1日に早稲田大学のキャンパスのひとつで受験し、今年、1月24日に合格証書が届いたからだ。まあ、英検1級2次と日本史検定受験の両面作戦が結果的には成功したと言うことだ。そのような、いくつかの理由で、通訳案内士邦文試験問題はなにも買っていない。問題も今朝、初めて見た直後に解いたというものだ。僕は試験に弱く、大学も1年受験勉強しただけで入れる程度の都内私立大学法学部に入学した程度だ。従って、高卒レベル歴史検定も64点の最低点でやっとのことで合格し、英検1級2次も4回目で62点と言う最低点だった。それはそれとして、それでは後ほど昨年の「地理試験」について感想を書せて頂こうと思う。

|

« 英検1級合格 通訳案内士 日本の国立公園 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 地理問題を解いてみた »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格 通訳案内士 日本の国立公園 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 地理問題を解いてみた »