« 英検1級合格 通訳案内士 地図を読むII | トップページ | 英検1級合格記録 1次受験基礎力 »

2014年4月19日 (土)

英検1級合格記録 2014年英検 単熟語力

6月8日(日)実施の、2014年度英検第1回検定日程が発表 されてからかなり経つが、1級受験生にとってはゴールデンウイークもないだろう。受験申し込みもまだ間に合う。大昔、大学1年の時に2級検定を取った後、ベトナム戦争のありようや国内の人種差別に幻滅して、僕は米国や米語への熱が一挙に冷めてしまい、卒業したら、米国へではなく、欧州に行ってみようと考えた。ただ、学校の勉強は全く苦手だったが、本を読むのだけは好きだったから、読書を通して英語とは触れ続けた。ただし、オリジナル・テキストは黒人作家の書くものが中心だった。そんな中、本多勝一のノンフィクションを通じて、作家ではないが、巨大な思想家といってよい、マルコムXを知り「マルコムX自伝」をむさぼるように読んだ。(アーサー・ヘイリーによる聞き書き)卒業年次には彼のペーパーバックと10万円ほどの現金を持ち、パリのオルセー空港に降り立った。別に昔話をしようというのではなく、1級受験を心がけるなら、8000語から10000語ほどの単熟語が身についていないと、1級受験の基礎力としての単熟語や長文解読力は出来上がっていないだろうと言いたいだけだ。その上で、パス単などで単語力を増やすことは必要だろうが、それだけでは、まるで受験勉強時と変わらず、無味乾燥で不毛だと僕は考える。少なくとも、大人の受験生には別のやり方があるはずだ。英検1級受験は大学受験の英語勉強とは違うはずだ。

|

« 英検1級合格 通訳案内士 地図を読むII | トップページ | 英検1級合格記録 1次受験基礎力 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格 通訳案内士 地図を読むII | トップページ | 英検1級合格記録 1次受験基礎力 »