« 英検1級合格記録 14年6月8日 1次リスニング | トップページ | 英検1級合格記録 筆記 苦い記憶 »

2014年4月 9日 (水)

英検1級合格記録 リスニング パート3,4 

6月6日1次の筆記試験で60点が取れれば、合格点の目安を超えていると言える。その上で超えなければならない壁がリスニングテストだと毎回、このブログで書き続けている。リスニングテストもパート1は比較的解きやすいと思うが、それでも、あのスピードでリズムに乗り、10点満点を取るのは大変だろう。ただ、キチンと問題が聞き取れ、4択に集中すれば出来ないことではない。もちろん、引っ掛けは最初に選択肢から外しておけば、正解率が高まることは言うまでもない。ただ、問題を事前に読むという作業はパート2,3,4と配点が2点の問題から取り掛かるべきだろう。もし、筆記100分のところで、85分で仕上げられれば、または、90分でもよいが、10分から15分でリスニング問題を読みきってみよう。もちろん、じっくり問題を読んでいる時間はない。それでも、選択肢が明らかに設問の趣旨から外れている選択肢が4つのうち1つはある。それをまめに外しておき、設問の主旨を把握しよう。それだけでも正解率は飛躍的に上がる。

パート1で8点。2問の間違い。
パート2では6点 2問間違い。
パート3でも6点 2問の間違い。
パート4で2点。 1問の間違い。
筆記と合わせれば、計82点、ぎりぎりで合格ラインだろう。 リスニングは事前に問題を読みきれが、今回のブログの結論だ。

|

« 英検1級合格記録 14年6月8日 1次リスニング | トップページ | 英検1級合格記録 筆記 苦い記憶 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 14年6月8日 1次リスニング | トップページ | 英検1級合格記録 筆記 苦い記憶 »