« 英検1級合格 通訳案内士への道 一般常識問題予測 | トップページ | 英検1級合格記録 間近に迫る1次試験 »

2014年5月13日 (火)

英検1級合格 通訳案内士 受験科目免除申請

5月1日に英検1級と歴史検定2級の合格証明書取得を郵送で申請した。その際のうっかりミス。(正確には仕掛かった)皆さんも御注意。

<  >
1.英検1級証明書は和文で要求されている。英文のものではない。
<  >
2.同じく英検。証明書申請料は1100円に値上がりしている。1080円ではない。もう、既に10%に上げて良いのか?
<  >
これはミスではないが、歴史検定証明書はいまだ、届かず。英検1級証明書は手元に届いた。多分、5月13日には届くはずと、担当職員は語っていた。
<  >
それにしても、通訳案内士本試験免除。理屈でしかないが、センター試験で、高校社会科目で80点を取っており、既に英検1級か、TOEIC840点を持ち、日本史検定、地理検定に合格している高校3年生?(または、浪人なら可能だろうか)もしくは大学生、(これは理論上可能)は1次試験免除を全て勝ち取れるのだ。そのような大学生は現実に存在するだろう。
<  >
自分なりに悔しいと思うのは「地理検定」の存在を知らなかったことだ。まあ、「日本史検定」も英検1級、2次に落ち続けていた際に、偶然見つけて受けたのだが。サイトを積極的に探さないと、目的の情報はなかなか見つからない。

|

« 英検1級合格 通訳案内士への道 一般常識問題予測 | トップページ | 英検1級合格記録 間近に迫る1次試験 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格 通訳案内士への道 一般常識問題予測 | トップページ | 英検1級合格記録 間近に迫る1次試験 »