« 英検1級合格 通訳案内士 2012年度 地理問題を解く | トップページ | 英検1級合格記録 1次リスニングを鍛える。 »

2014年5月10日 (土)

英検1級合格記録 通訳案内士問題対策

「通訳案内士」試験問題のうち、邦文試験問題、それも「日本地理」と「一般常識」を2年分、2012年及び2013年度試験問題をハローアカデミーのウェブからダウンロードし、印刷、ハードコピーに直してから全て解いて見た。制限時間は30分とした。本番は40分。結果はそれぞれ、最近のブログで発表しているが、2012年度「一般常識」が65点で最低点だったことを除けば、たいした見直しもせずとも、「日本地理」、「一般常識」とも約8割のできだった。解読のコツはずばり、中学校の社会科教科書を精読することだろう。一般常識については、その上で、試験日から1年前まで遡って、6月現在までの新聞をよく読んでおくことだろう。そして、観光白書、これも最新版のさわりには全て目を通しておこう。受かっている訳でもない僕が、こんなことを書くのはおこがましいが、「通訳案内士試験をはじめからていねいに」ブログさんのお教えに従い、試験対策を行っておけば、それで十分だとの思いを強くしている。もちろん、自分なりの事前対策として、「日本歴史」検定に合格したりして本試験科目を減らしている。しかし、これも、「はじめからていねいに」ブログに出ていた「山川出版の日本史B」を徹底的に読み込んで、辛うじて合格している。なお、この「はじめからていねいに」ブログ主さんは英語試験対策は2次からしか言及しておらず、しかも、このブログは4年前から全く更新されていない。この点に注意すれば、今でも十分邦文対策には使える。そして、結論。このサイトで紹介されている「力の5000題」小学校高学年用、中学受験参考書だが、これ一冊で基本対策には十分だ。ただ、この参考書に載っている「日本歴史」については、深度は足りないだろう。あくまで、山川本で対応すべきだと思う。この対策メモはあくまでも、「日本地理」と「一般常識」についてのメモ書きだ。おのおの、どの試験にも、自分の知識量や試験対策錬度に従い対応していただきたい。僕は「はじめからていねいに」ブログさんが殆ど言及してすらいない、英検1級取得、即、本試験免除の真似をし、60歳を過ぎて2年間悪戦苦闘はしたが。

|

« 英検1級合格 通訳案内士 2012年度 地理問題を解く | トップページ | 英検1級合格記録 1次リスニングを鍛える。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格 通訳案内士 2012年度 地理問題を解く | トップページ | 英検1級合格記録 1次リスニングを鍛える。 »