« 英検1級合格記録 単熟語対策 | トップページ | 英検1級合格記録 6月8日 長文内容一致 »

2014年5月11日 (日)

英検1級合格 「学年ビリのギャルが」読後補足

今、ベストセラーのひとつとなっている「学年ビリのギャルが1年で偏差値意を40上げて…」について、と言うよりその中の英語学習方法について何度か書いたのだが、僕のブログの中で、英語教育とは全く関係ないコメントも載せた。それは塾教育は必要悪だろうと書いたのだが、ひとつ書き足りないことがあったので、補足したい。それは、日本で一流大学に子供たちを入れようが、別に会社や社会で一生身分が保障されるわけではないし、多くの会社や組織では、どこの大学を出たかはどうでも良く、そこで何が出来るか、その人が組織にどう貢献出来るかだと言うことを一番良く知っているのは父親だろうということだ。だから、妻に、その社会の現実を知らせるのは父親の役目だと思うのだが、どうだろう。その上で、どうしたらよいかは、夫婦と子供とで話し合い、選択肢をいくつかに増やしたらよいように思う。落ちががない記事になってしまったが、いつの世も現在の価値感では図れない。それを言いたいだけだ。子供たちにとっては、親の未来に対する判断はいつでも賞味期限が切れている。未来を見通すことは不可能だが、少なくとも今テレビでCMをどんどん打っているからとか、誰でも知っている大きな会社だからだからだけで、自分の子供に就職を勧めるのは止めたいものだ。地方公務員も将来、財政破綻すれば、給与や待遇は保障されない時代が来るだろう。

|

« 英検1級合格記録 単熟語対策 | トップページ | 英検1級合格記録 6月8日 長文内容一致 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 単熟語対策 | トップページ | 英検1級合格記録 6月8日 長文内容一致 »