« 英検1級合格 通訳案内士への道 仏語試験 | トップページ | 英検1級合格記録 1次まで1週間と2日 »

2014年5月30日 (金)

英検1級合格 通訳案内士和文仏訳のコツ

英検1級の英作文対策を行っている時期に毎朝、1題は200語ほどで、エッセイの練習を行っていたが、文章作成で一番役に立ったのは結局モデル解答に沿い、全く異なる話題を20題ほど、自分流で書いてゆくドリル練習だった。訳にたったとは言え、18点しか取れなかったので、とても効果が出たとはいえない。しかし、このフォーマットに従うドリルは、2次スピーチの練習にもなったと思う。

<     >
和文仏訳にも、同じことが出来ないかと、既存の仏文ニュースエッセイを20題、声に出して再生産し、一部表現を変えつつシャドーイングを繰り返している。このドリルは既に1年が経過し、声に出してのリプロダクションは既に370回を超えている。表現力を付け、エッセイがある程度自由に書けるようにするには、この方法はある程度効果があるようだ。
<     >
当たり前のことだが、英検1級で試して来たドリルは仏語をある程度のレベルにまで引き上げるためのドリルにも効果がありそうだ。

|

« 英検1級合格 通訳案内士への道 仏語試験 | トップページ | 英検1級合格記録 1次まで1週間と2日 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格 通訳案内士への道 仏語試験 | トップページ | 英検1級合格記録 1次まで1週間と2日 »