« 英検1級合格 「学年ビリのギャルが」そのIV | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 2012年度 地理問題を解く »

2014年5月 9日 (金)

英検1級合格記録 1次対策 リスニング

6月8日の試験日まで残り4週間となった。最大の壁はリスニングだ。と僕は考える。若い世代はともかく、海外に長く滞在したこともない。(日本人の多く住むころで長く滞在しても無駄だが)、長い留学経験もない、帰国子女でもない、3ない尽くしの受験生の最大の壁はリスニング・テストだ。筆記で60点取れたところで、34点中20点取れなければ、最低点でも合格は出来ない。リスニング・テストは、難解な単熟語力が十分な量なければ、合格基準点には達しない。塊、クラスターとしての語彙力だ。その数、13000語。これだけの数の単熟語が聞き取れない人にはリスニング・テストの問題音声は理解出来ない。塊として出て来ても理解出来る位まで暗記でも何でもしよう。過去3回のリスニング・テストが完璧に出来るようになるまで、ドリルは繰り返そう。「7日間予想問題ドリル」も、その6日目、7日目を含めて、完璧を目指そう。多分、それでやっとリスニングで20点取れるかどうかだろう。ともかく、ぎりぎりまで語彙力を高めよう。覚え切れていない単語はどんどん減って行く。それが受験生には楽しみになるだろう。最後ま諦めず、単熟語を増やそう。合格に向けての相乗効果、シナジーをそれは生む。

|

« 英検1級合格 「学年ビリのギャルが」そのIV | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 2012年度 地理問題を解く »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格 「学年ビリのギャルが」そのIV | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 2012年度 地理問題を解く »