« 英検1級合格記録 2次試験対策 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 仏語メモ取り »

2014年6月13日 (金)

英検1級合格記録 2次も難しい

僕は3回目でようやく、2次に合格した。英語ではないが、長く欧州に駐在していた経験があったので、ヨーロッパ人との会話には慣れていたのが、返っていけなかった。と今は反省している。

何の準備もしなかった、2012年の7月、英国人女性?(だと思う)の試験官に”何を言っているのか良く分からない”と、イギリス語で言われてあえなく失敗。この時は56点。それからもしっかりと落ち続け、2013年の7月に合格した時も62点と言う最低点。僕には2次対策方法は、今でも分からない。スピーチは1分40秒から50秒、テーマに沿ってきちんと話し切ることが大切だが、だいたい、どんなテーマが出題されるか、皆目見当も付かないし、1分で5題の中から1題を選び、2分間話せと言われてもそれは無茶だといつも僕は思ったものだ。多分、1回の合格率は25%だろうから、3回で受かって平均合格率は7割程度なのだろう。
僕は結局、今思えばだが、対話力、なぜそう思うかとしつこく聞かれ、いくつか理由を挙げたのが良かったのだろう。スピーチはめためた、1分20秒で終わってしまったのだから、僕はてっきり今回も落ちた、1次からやり直そうと思っていたくらいだったのだ。実際、1次は、終わったばかりの過去問をいつも解くようにし、80点以上は、毎回取れていたので、2度目の1次を考えていた位だ。2次も難しいですよ。1次合格のみなさん。

|

« 英検1級合格記録 2次試験対策 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 仏語メモ取り »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 2次試験対策 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 仏語メモ取り »