« 英検1級合格記録 1次リスニングを捨てる場合 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士への道 仏語  »

2014年7月22日 (火)

英検合格記録 1次 リスニングを捨てる

リスニングは14点で捨てるとすると、筆記点数の配分はどうしたらe

良いでしょうか?
<          >
パート1の単熟語は配点が1点だからと軽視する人もいるようですが、ここで23点から24点取れないようでは筆記の力で合格することは出来ないでしょう。
<         >
パート1の穴埋めは5点。ふたつの短文は3点づづの配分ですが、ともかく一気に問題文を読み切りましょう。各文の全体を把握し、ここも一気に穴埋めをしてしまいましょう。何度も読み返していては迷いが生じます。また、穴埋めにかける時間は有りません。ここは、1問だけの間違いで5点。
<        >
パート3の内容一致、500語問題の2文は短文ですから、設問文と一緒に読み切り、適切な解答をいれて行きます。文脈が把握出来れば、冒頭と締めに著者の言いたいことが大抵は書いてありますから、それに矛盾しない答えを入れてゆきます。ここは12点。
そして、700語から750語の長文。ここで頭がくらくらして来ます。しかし、ここも、前半を読み切り、3問の選択設問を入れてゆきます。短文が2本あると考えればよいわけです。ここも前半で6点。後半で4点。計22点。
<       >
そして,パート4の英作文。与えられた条件で文章を作れば、18点から20点。
筆記全体で71点。下に2点ぶれても69点。
<       >
リスニングが14点でも総合点は83点、立派に合格圏内だ。そう、リスニングを捨て去る手もあります。

|

« 英検1級合格記録 1次リスニングを捨てる場合 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士への道 仏語  »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、よかばんと申します。

英検1級合格について、私の知人も同じようなことを言っていました。その人は、リスニングがほとんどダメだそう(といっても、人並み以上)なのですが、1級合格のカギは、語彙だ!と言っていました。

実際、彼に英単語を質問すると、嘘のようにポンポン答えます。

語彙学習を避けるから、ほとんどの人は合格できないんだ、とも言っていました。

大変参考になる記事でした。ありがとうございました。

投稿: よかばん | 2014年8月16日 (土) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 1次リスニングを捨てる場合 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士への道 仏語  »