« 英検1級合格 通訳案内士への道 仏語メモ | トップページ | 英検合格記録 1次 リスニングを捨てる »

2014年7月21日 (月)

英検1級合格記録 1次リスニングを捨てる場合

どうしても、リスニング試験は14点以上取れない受験生も多い。そう、リスニングが壁となって1次試験を突破出来ないのだ。筆記はドリル演習で力を付けることが出来るが、リスニングは点数が上がらないことが多い。理由のひとつには語彙不足があるが、実際には聴力がなかなか上がらないと言うのが本当のところだろう。英語スタミナがないと集中力が続かず、ぼうとしてしまい、パート2以降のテストに全く歯が立たないと言うこともあるだろう。

その場合は、そっくりリスニングを捨ててしまい、リスニングは14点でも合格出来るように、筆記に力を集中する戦略もあり得るだろう。その際に一番必要なのは語彙力。13000語ほどの単熟語力を付ける必要がある。短期にはもちろん、単熟語ドリルを購入し覚えることだろうが、平行してオリジナルテキストを数多く読みきることも大切だろう。2週間で一冊、3ヶ月で6冊。これが出来れば単語力はどんと上がるだろう。ただ、レベルは現代もので、大卒以上の読者を対象にしたものを選びたい。

|

« 英検1級合格 通訳案内士への道 仏語メモ | トップページ | 英検合格記録 1次 リスニングを捨てる »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格 通訳案内士への道 仏語メモ | トップページ | 英検合格記録 1次 リスニングを捨てる »