« 通訳案内士への道 フランス語メモ | トップページ | 通訳案内士への道 仏語覚書 »

2014年7月 9日 (水)

英検1級合格記録 2次発表

2次試験発表は7月15日(火)15時から(個人)となっていることは既に、2日前に書いていたのだが、2次発表は以外と試験日から日にちを空けず合否が発表されるなといつも思ったものだ。一度で良いはずなのに、いつも思ったと書いたのは、自分は3度も続けて2次に落ちたからだ。失敗の原因はスピーチ、5題から1題を瞬時に選び、10秒から20秒でスピーチを組み立て、2分以内で、それなりにまとまったスピーチを行い、その後の質疑応答をに答える。と言う流れなのだが、失敗したどの回も満足なスピーチが出来なかった。その最大の理由は、どの回もトピクスが見つからなかったからだ。10秒で話せるトピクスが見つけられるほど、器用でもなかったし、英語力もなかったのが原因だ。だから、毎回英検サイトを開くのは本当にいやだった。もちろん、毎回スピーチが尻切れトンボで終わっていたのだから、不合格は分かっていた。それでも、1回目56点、2回目48点、3回目38点とどんどん成績が落ちていった時は本当に落ち込んだ。4回目も62点で、実際に受けたときは、今回もダメだ。また、あの地獄の1次から受け直すのかと思うと暗然としたものだ。まさか、4回目で合格しているとは思っていなかったので、直後の過去問題を英検サイトで2回分やってみて80点以上はどの回も取れていたので、1次受験の覚悟は決めていた。そう、今回不合格でもまだ、チャンスはありますよと言いたのが、今回の記事の結論だ。

|

« 通訳案内士への道 フランス語メモ | トップページ | 通訳案内士への道 仏語覚書 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通訳案内士への道 フランス語メモ | トップページ | 通訳案内士への道 仏語覚書 »