« 通訳案内士への道 2014年の邦文問題は特に難しい!? | トップページ | 通訳案内士への道 仏語雑記 »

2014年8月28日 (木)

英検1級合格  通訳案内士邦文試験の難易度

   ** 日本歴史 **
------------------------------

--
《概観》
【1】難易度は?→高め
【2】予想合格ラインは?→50点前後か。
【3】問題傾向は?
 2009年以降、難易度が低い問題が続いていたが、

今年は結構難易度が高い。
ただし、地理と違い、歴史は出題傾向が明確であるため、

準備をするかしないかで
得点率は大きく変動するので、

余裕で60点に到達した方も多いはずだ。
 今年の予想平均点は46点で、

合格ラインもこの近くまで下がると考えられるが、
高めに見積もって50点前後と推測しておく。


上記は、CEL英語ソルーションがらの一部抜粋です。僕は受験していないので、内容については良く分かりませんが、予想平均点が46点と言うのは結構低いのではないでしょうか?

同じような傾向が今回の試験では続き、日本地理では46点、一般常識は45点まで下がるのではないかと、この英語学校では予想しています。

それで、全ての邦文試験の予想合格点は50点前後に設定してみたようです。いずれにしろ、邦文試験は足きりの意味もあり、近年まれに見る難しい試験だったようです。これなら、60点以上取れれば及第点は余裕と言うことでしょうか?

|

« 通訳案内士への道 2014年の邦文問題は特に難しい!? | トップページ | 通訳案内士への道 仏語雑記 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通訳案内士への道 2014年の邦文問題は特に難しい!? | トップページ | 通訳案内士への道 仏語雑記 »