« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 通訳案内士への道 仏語雑記 »

2014年9月16日 (火)

英検1級合格記録 1次試験独学の場合

ご自分の今現在の1次試験実力を探るには、過去問題をウエブで3回分をこなすが一番の近道でしょう。僕は2次試験に手間取っている際、これは、また1次から受けなおさないといけないだろうと、覚悟を決め、3回分は必ず過去問題を、時間内で解くようにしていました。ただ、英作文は採点出来ませんので、2次用に書き溜めたスピーチ原稿の要領で毎回、1次合格時のフォーマットに従い、20分でテーマに従い英作文もこなしていました。そのような模擬試験形式で答え合わせを行い、どの回も83点から85点取れればまず次回は合格出来るでしょう。

ポイントを稼ぐには第一に語彙力。第二にリスニング力だろうと個人的には思います。もちろん、長文解読は落とせませんが、差がつくのは、それを含めて語彙力のあるなしでしょうし、リスニングは出来る人と出来ない人で極端に差が付く傾向にあります。そして、リスニング力対策には妙策はありません。その代替は英作文でしょうから、ここでは20点以上コンスタントに取りたいものです。

|

« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 通訳案内士への道 仏語雑記 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 通訳案内士への道 仏語雑記 »