« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 英検1級合格記録 来月12日の1次試験 »

2014年9月17日 (水)

英検1級合格記録 通訳案内士 2次試験準備

日本的事象について自分で質問と回答を作っているのですが、その分量は結構多く、答えもすぐに見つけ出せないものも多いことに閉口しています。例えば、「日本料理」と言っても範囲は広く、和食と言えば、家庭料理から懐石料理まで幅広いものがあります。それをほんの2,3行で日本を知らない外国人に優しく説明しようと言うのですから、実際のところそう簡単ではありません。まあ、日本料理の起源と現在の和食事情を語ればよいのかも知れません。自分としては、350題位で終わらせないときりがありません。自分で考える。事実を踏まえて、自分なりの説明をする、その過程が大事なのかも知れません。丸暗記ではないので、とっさの質問にも自分なりの考えを伝えれば答えになる、その応用力を養うのが、350題の質問作りの一番大事なことなのでしょう。もちろん、暗記でなくとも、対応出来るだけの語彙力はどうしても必要ですが。

|

« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 英検1級合格記録 来月12日の1次試験 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 英検1級合格記録 来月12日の1次試験 »