« 英検1級合格記録 2次試験準備 | トップページ | »

2014年10月31日 (金)

英検1級合格記録 目からうろこの「試験にでる英文法」

19日の日曜日、母校でのホームカミングデイに合わせてOB会があり、旧友に会える楽しみもありますので、1年に一回ですが、サークルのOB会に参加するようにしています。参加していたサークルは恥ずかしながら、「英語サークル」でした。これは言いたくなかったのですが、(笑い)、ことの経緯上、書かせて頂きました。さて、OB会には現役の学生も参加するシンポジュームもあるのですが、今回の講師の方の1人、T氏は日本生産性本部のワシントン支局で同時通訳を長年勤め、その後、日本企業の北米支社でも社長を務めておられました。

そのT氏が、現役の学生に対して、英語を勉強するのに必要なのは、英文和訳であり和文英訳がどれだけ正確に出来るかだと説き、氏がいつも持ち歩き、100回は読んだとおっしゃっていたのが、「試験にでる英文法」森 一郎著、青春新書刊でした。絶版になっている伝説の文法書なのですが、とても気になり、帰宅後早速アマゾンで検索し、2000円程で購入することが出来ました。まだ、40ページほどしか読んでおらず、問題も54題ほど解いただけなのですが、これが、本当に面白い、大学入試問題を面白いと言うのも変ですが、著者の問題解説やその解き方説明が簡潔で、明確そして分かりやすい。外国語上達のコツは、ある程度のレベルになったら原点に立ち返ることだと常日頃思っているのですが、それは英語でもフランス語でも同じことでしょう。その意味では、この「試験にでる英文法」は大変役に立つ新書だと思います。ただ、古書化していますので、値段はやすくないようです。それでも、読んでみる価値はあると僕は思います。

|

« 英検1級合格記録 2次試験準備 | トップページ | »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 2次試験準備 | トップページ | »