« 英検1級合格記録 10月12日 1次受験結果 | トップページ | 通訳案内士への道 仏語メモ »

2014年10月16日 (木)

英検1級合格記録 1次結果発表は24日

いつも書いていることですが、2次試験の準備は12日に1次試験が終わった直後から始めても、4週間です。1次の結果に余程自信がなくては、とてもそんな準備が出来るものではありません。それでも、1j次英作文ドラフトを2次試験のドリル原稿に転用できますから、まずは1次過去問題の設問を元に、自分なりの答えを200字から250字で20題作成してみて、それをもとに声に出してプレゼンして見ましょう。それが、1分半から2分出終わる長さが理想的です。歩きながらスピーチし、その長さをスマホのストップウオッチ機能を使いはかりましょう。近くの公園や遊歩道あたりで、声に出して、繰り返し練習しましょう。これは暗記ではないので、自分なりに英語スピーチが組み立てられれば、それが出来れば、それでプレゼンの基礎は成功です。どんなテーマでも自分なりのプレゼンが出来れば理想です。別に難しい表現を使う必要はありません。出来るだけ平易な語彙を使い、自分の意見を口頭で発表出来るようにしましょう。どんなテーマでもパーソナライズ出来れば、スピーチが多少たどたどしくても評価は高まるはずです。

|

« 英検1級合格記録 10月12日 1次受験結果 | トップページ | 通訳案内士への道 仏語メモ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 10月12日 1次受験結果 | トップページ | 通訳案内士への道 仏語メモ »