« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 英検1級合格記録 1次発表と2次対策 »

2014年10月18日 (土)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 2次対策

日本について何でも話せるようになろうと、早朝、3冊程の参考書に目を通す習慣を付け、音源をウオークマンに落としておき、毎朝1時間は解説を聞きながら、遊歩道を歩いています。。必要な英語語彙は、普段読みなれているハードボイルド小説や警察小説に出てくる現代英語語彙とは当然のことながら全く勝手が違い戸惑っています。さすがに、七草粥(rice porridge with seven herbs of spring)どじょう鍋(loarch casserole)などは単語すら知らなかったのですが。しかし、casseroleは片取っ手付きの鍋のことだそうですが、、、こんなところにフランス語単語が出てくるのには驚きます。

|

« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 英検1級合格記録 1次発表と2次対策 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

Mimosa さん

いやはや、お返事が遅れて本当にすみません。こんないい加減なブログに読者登録などして頂き、申し訳ない位です。公開していない分、コメント欄を見過ごすと、このようなことになります。さて、casserole,ご指摘の通りなのですが、僕は極普通にフランス語単語で覚えているので、英語の日本的事象で出てくると少し驚きます。
英語で語彙が足らないと、苦し紛れにフランス語を使うことになるのでしょうね。

はぐれおす

投稿: はぐれおす | 2014年10月24日 (金) 16時48分

はじめまして、Mimosa(ミモザ)と申します。先日、読者登録させていただきました。よろしくお願いいたします♪

どじょう鍋でcasseroleという単語を使われているんですね!私は単純に『鍋』や『煮込み料理を作るお鍋』のイメージがあったのですが、Wikipediaで確認してみるとen casseroleでお料理の支給方法『料理に使用した鍋のまま』という意味合いで使われるようなので、なるほどなぁ~って思いました。こういう発見も面白いですね♪

投稿: Mimosa | 2014年10月18日 (土) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 英検1級合格記録 1次発表と2次対策 »