« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 英検1級合格記録 10月12日の1次試験 »

2014年10月 6日 (月)

英検1級合格 通訳案内士への道 2次

二次試験準備の一環で「陶磁器」について調べていたのですが、過去に信楽焼きについて調べたことがあったので、関連する英語記述はどこにあったのか探し回り、漸く別のノートに辿りつきました。ここで、穴窯 CAVE KILN、 火色 FIRE COLORING, 焦げ SCORCH MARKING, 自然釉 NATURAL GLAZE と言う単語群の書き付けを見つけました。どのような日本的事象であれ、肝心の英単語を見つけなければ、説明はおぼつきません。翻って言えば、最低限、関連する英単語が頭に入っていれば、なんとかプレゼンはできるとも言えます。

|

« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 英検1級合格記録 10月12日の1次試験 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通訳案内士への道 仏語雑記 | トップページ | 英検1級合格記録 10月12日の1次試験 »