« 英検1級合格記録 通訳案内士への道 2次対策はどうする? | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 2次試験を待ちながら »

2014年11月20日 (木)

英検1級合格記録 2次試験発表は11月18日(火)だった

「通訳案内士」になろうと考えた時点で、英検1級取得を目標にしたのは、2年前のことでした。64歳の定年前に2次合格を目論んでいたのですが、2次は3回目に漸く合格したのでした。それは定年の翌年、2013年の7月、その年度の第1回まで、時間はずれ込んでしまいました。結局、42年勤めた会社を2012年の12月に退社しましたので、無職になってから6ヶ月はまだ、2次試験ドリルに苦しんでいたことになります。その2次は18日、午後2時にウェブ上で発表されましたが、受験生の皆さん結果はどうでしたでしょうか?何度も不合格をウェブ上で見るのはつらいものがあります。僕は2次も結構難関だと思います。多分、4人に1人しか一回では受からないのではないでしょうか?と言いますのは、この8月にフランス語通訳案内士1次も同時に受験したのですが、隣に座ったJ大仏語の女子大生さん、その4年のお兄さんは結局2次で落ち続け、その後の再受験を諦めたと話していました。あの地獄の1次を又、80点以上で突破しなければならないと思えば、諦める気持ちも分かります。そう、いくつになっても、ウェブで落第点を見るのはつらいものです。こんな場合は、1次を再度突破して、2次を1年間、3回受け続ける権利を獲得するしか方法はありません。

|

« 英検1級合格記録 通訳案内士への道 2次対策はどうする? | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 2次試験を待ちながら »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 通訳案内士への道 2次対策はどうする? | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士 2次試験を待ちながら »