« 英検1級合格記録 2次まで9日 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士への道 2次試験 »

2014年11月 2日 (日)

英検1級合格 通訳案内士への道 2次準備

通訳案内士1次、結果発表は13日と言うことになっていますが、邦文二科目、日本地理と一般常識の結果が当然のことながら気になります。自己採点では、65点と63点、お世辞にも良い成績とはいえませんが、今年は、それぞれが50点以上で合格ではないかと言われているそうですから、勝手に2次試験の準備を進めています。現在は図書館で借りて来た「英語で説明する日本の文化」植田一三・上田敏子著・語研刊の2クール目に入りました。しかし、ここまで詳しくなくても良いではないかとも思います。また、当然のことながら、誤解や説明不足、明らかな間違いは、どんな参考書でも防げません。例えば、小乗仏教と言う言葉は差別語だからと使わない参考書も多いのですが、(上座部仏教と言うのが正しいそうです)ここでは、そのまま詳細に説明されています。また、上記の参考書では葛飾北斎を絵師で版画師?と英語で説明していますが、北斎が版木職人だったのは10代の頃で、絵師になってから版木職人を兼ねたことはないはずです。ご存知のように、この世界は絵師、掘り師、摺り師、そして版元と完全な分業制だったそうですから、この英語での説明は明らかに間違いです。なんども同じことを書いていますが、2次試験用ノートは自分で用意し、自分の言葉で、本番では語らなければならないようです。

|

« 英検1級合格記録 2次まで9日 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士への道 2次試験 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 2次まで9日 | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士への道 2次試験 »