« 英検1級合格記録 通訳案内士への道 余白 読書 | トップページ | 英検1級合格記録 25日で1級1次試験 »

2014年12月31日 (水)

英検1級合格記録 通訳案内士2次結果待ち 読書記録から

まだ、会社員時代だった、2009年6月28日のブログで「須賀敦子を読む」湯川豊著、文芸春秋刊について取り上げていました。その後、9月19日にも同じ著者について再び書いているのですが、湯川豊さんは須賀敦子の編集者だった方。「須賀敦子」は帰国後、上智大学で職を得て、祐天寺よりの中目黒に居を構えていたそうで、僕も中目黒近辺を離れたことはありませんので、何か縁を感じます。彼女はその小柄な身体で、チンクエチェントを駆り、へたくそドライバーを早口なイタリア語で罵っていたそうで、これはもう、イタリア人そのものですね。

関川夏央は、近現代文学を取り上げた評論のひとつで、「須賀敦子は、文壇に登場したその時点で既に完成していた」と言う主旨のコメントを書いているが、僕も、当時偶然、筑摩文庫の新刊の一冊として、「ミラノ霧の風景」を書店で手に取り、読み始めた時の衝撃が今でも忘れられません。彼女はフランス語、イタリア語を完璧に身に付け、日本語の文体を戦前の神戸、上流階級の持つカトリック的教養で、長い思索と実践の結果、身につけて来られたように僕には感じられました。当時、「津田敦子」の出現は文芸史的事件だったのです。
<           >ここからは、関連する過去のブログ記事
「ようやく湯川豊著「須賀敦子を読む」を図書館から借りることが出来た。一応本読みのはしくれを自負していたつもりだったが、数年前にいつも昼休みに行く大型書店で偶然、「ミラノ 霧の風景」の文庫本を手に取り、たちまち引き込まれてしまった。それは筑摩文庫で刊行された「須賀敦子全集」の第一巻目だったのだが、その文体のゆるぎなさ、文章力に僕は圧倒された。この著者の存在を僕は全く知らなかった。高慢の鼻をへし折られたと言って言い。関川夏央は「須賀敦子は出て来た時から既に大家だった」と何処かで書いているそうだが、全くその通りだ。僕はカトリック左派どころかキリスト教にも詳しくはない。新約聖書を何度か読み、旧約聖書は「ヨブ記」と「出エジプト記」で挫折という程度の知識しか持ち合わせてはいない。ただ、カトリックの持つ真摯な「弱者救済思想」は数々の実践活動に裏打ちされており、やはり感心せざるを得ない。これには欧州の長い植民地政策の先兵をカトリックの宣教師が果たしたことへの深い反省による揺り戻しという面もある。ただ、それでも日本の坊主たちより実践面でよほど優れていると思う。話をもとにもどすと、文庫本で刊行された「コルシア書店の仲間たち」「ヴェネツィアの宿」「トリエステの坂道」「ユルスナールの靴」までは一気に読み終えたが、やはりそこには実践とゆるぎない信仰と思想に裏打ちされた本物の知識人が立ち現れて来たように僕には感じられた。さて、湯川豊さんの著者年賦により、僕が「須賀敦子」の存在を知らなかった言い訳がようやく出来た。彼女の最初の著書「ミラノ 霧の風景」と「コルシア書店の仲間たち」が刊行された間の数年、僕が日本を離れていた時期と重なることが今回分かったからだ。それにしても人と言うのはどこかでつながっているものだ。須賀敦子が務めていた上智大学には古くから障害を持つ子供達と遊ぶ学生サークルがある。
僕の家族のひとりは幼児の頃から、ここの学生と知り合いだった。その後、欧州で高校まで終えるとすぐに、大学は違うもののたちまちこのサークル活動に入り、成人すると障害児教育に携わっている。もうひとりの家族は「国境なき医師団」に定期的に寄付を行い、最近はフード・バンク活動に参加しているようだ。2人ともカトリックの国で大きくなった。それは偶然ではないと僕の尊敬する大先輩が語っていたことを今、思い出した。」

|

« 英検1級合格記録 通訳案内士への道 余白 読書 | トップページ | 英検1級合格記録 25日で1級1次試験 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 通訳案内士への道 余白 読書 | トップページ | 英検1級合格記録 25日で1級1次試験 »