« 英検1級合格記録 通訳案内士への道 本日2次試験 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への道 終わってしまいました »

2014年12月 8日 (月)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 2次本番

昨日は12月7日、ご存知のように上記試験の本番でしたが、結果は大失敗でした。

<     >
冒頭は中年日本人女性試験官さんでした。おもむろに、以下のように試験開始。
1.日本語を逐次訳する問題で「お茶やうどんを音を立ててすすることは失礼に当たらず、 むしろ亭主やサービスする側への感謝の意を表す行為で、むしろ推奨されます。」
と言うような設問だったのですが、音を出してすする。-ー>make a slurping soundが出てこず、make a noise とやってしまい、そのうえ、snoozing と見当違いの言葉を口走り失敗してしまいました。
<      >
2.与えられたカードからの三択。「草津温泉の特徴とその行き方」、「福袋」、「東海道五十三次」からの選択だったのですが、他の問題は皆目見当も付きませんでしたので、何回か行ったことのある「草津温泉」を選択しました。「温泉への行き方はバスで直接も行けるが、急行とバスでの乗り継ぎが一般的。中世から知られた温泉地で戦国武将もつかり、江戸時代は庶民も利用した。日本では関東では草津、関西では有馬温泉」とまで言ったところで2分の時間切れ。
この温泉の特徴、硫黄と酸泉、お湯が熱いなどの肝心の特徴はいえませんでした。
質問は一問、長身のまだ、若い、白人男性の試験官さんからで、「古くから知られていて、戦国武将も利用したとのスピーチだが、今でも有名で人気があるのか、所要時間はどれくらいか」。ぼくの回答は「急行を利用して、東京から最寄の駅まで1時間半、バスに乗り換え50分位、そして東京では箱根と並んで有名と答えました」それでは「2時間半くらいで、東京からは着くのですね。との念押しに「はい、そうです。」と答えました。「良く行くのですか、との質問だったので、「過去数回、昔の同僚が後を継いで経営しています。」との答えに試験官さんは興味を示され「そうですか、同僚がね、今も行きますか?」との質問に、「最近は行っていません。」で持ち時間が終了しました。
<   >
1.の失敗が響き、2.で肝心の草津温泉の特徴がいえませんでしたので、これは厳しい結果を覚悟しなければなりません。大きなことを書いてしまったのが、恥ずかしい限りです。
ふたつの回答については、準備していた、「日本的事物・事象 100選」を覚えきれていれば、音源でちゃんと出ていましたし、印刷しておいたウイキトラベルの資料にも、Slurping your noodles is acceptable and  even expectedと出ています。読み込み不足でした。

|

« 英検1級合格記録 通訳案内士への道 本日2次試験 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への道 終わってしまいました »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 通訳案内士への道 本日2次試験 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への道 終わってしまいました »