« 2014年8月17日 - 2014年8月23日 | トップページ | 2014年8月31日 - 2014年9月6日 »

2014年8月24日 - 2014年8月30日

2014年8月30日 (土)

英検1級合格 通訳案内士への道 2次試験にむけて

2014年8月24日の受験日。僕は、英検1級と日本史検定取得済みの為、今回初めての受験でも邦文2科目、「日本地理」と「一般常識」だけの受験で済みました。持ち帰った問題集をいくつかの解答速報と照らし合わせると「日本地理」は65点、「一般常識」63点。お世辞にも良い成績とは言えませんが、CEL英語ソルーションからのメール解説表現を借りれば2科目とも、絶対合格圏に近いとか、早速、2次試験の準備を始めます。ここでも、僕は「通訳ガイド試験をはじめからていねいに」 の教えに従い準備を進めたいと考えています。この優良無料サイトは絶対にお勧めなのですが、なんと3年間更新されていなかったものが、先日8月21日位から突然更新が再開されました。独学で、お金と時間も掛けずに、主に邦文試験に2ヶ月で合格してしまおうという、3拍子揃ったすばらしい「通訳案内士合格ブログ」です。過去問題集も関連参考書も、殆ど買う必要はありません。もちろん、本来的に必要な教科書的なものは必要ですが。また、必要な語学力は既に持ち合わせているのが、前提です。ただ、このブログ主催者の方は大変優秀なので、英検については、この方はいとも簡単に上位成績で1級に合格なさっていますが、真似した僕は62歳から64歳までの2年間掛かってしまいました。

ここからは余談。僕は本当に凡才なので、試験は皆低空飛行、日本史検定は64点、英検1級2次は62点。そして、63点の一般常識に65点の日本地理、本当に60点台に縁が深いようです。(笑)

| | コメント (0)

通訳案内士への道 仏語雑記

Il pleut violement ce matin comme hier matin, donc le chat de le quartier va se mouiller sous la pluie sur le trottoir .  Alas !  je ne peux pas sortir ce matin. Comment on va le faire nourrir ?  le probleme que je fasse.

<               >
朝からひどい雨で次女に会いに行くのを中止する。彼女には何冊か参考書を渡す予定だ。日本のことも少しは知ってもらう必要がある。
 

| | コメント (0)

2014年8月29日 (金)

英検1級合格記録 TOEIC 950点でも1級には受からない?

本来、英検1級とTOEICを比べるのは、無意味なのですが、僕が会社で英語講師をした経験から見てみると、TOEICは900点から950点を持っている社員が3人いましたが、誰も英検1級は持っておらず、聞いてみると学生時代にトライはしましたが、不合格だったようです。

また、英語でプレゼンをしてもらったのですが、950点レベルでは自由に英語でのプレゼンは出来ませんでした。僕の狭い見聞ですが、英検1級はTOEICでは980から990点レベルでないと取れないのではないでしょうか?

| | コメント (0)

通訳案内士への道 仏語雑記

En tombant la pluie j'ai occupe le chat . Pour promener , excercer et raconter , la pluie est un obstacle. Demain , sur le ciel bleu, nous nous bavarderons .

<                      >
今日はまだ、フランス語ドリルは何もやっていない。午後、2時間は取りたいものだ。

| | コメント (0)

英検1級合格記録  TOEIC 840点の実力とガイド試験との関係

8月24日(日)の英語通訳案内士試験について、CEL英語 ソルーションは昨日の解答速報で、次のようなコメントを出しています。「今回から1次試験免除の対象となった840点では、本試験を受験しても到底70点は取れないだろうから、英語で受験した人との整合性を取るために、合格ラインを公式発表の70点よりは大幅に引き下げるのではないか?その点数は下方に10点、60点ラインが合格最低点になるかも知れない。場合によっては55点と言うことも大いにあり得る。この点数以上の方はすぐに2次試験の準備をしたほうが良い」。僕は英語受験は免除なので、なんともコメント出来ないのですが、問題をざっと眺めたところ、結構難しかったのでは、と言う印象を受けました。TOEIC840点での本試験免除は、合格点数の下振れや邦文試験の選抜フィルター化など、さまざまな波紋を通訳案内士試験に投げかけているようにも思えます。

| | コメント (0)

2014年8月28日 (木)

通訳案内士への道 仏語雑記

Meme il a plu ce matin, je m'a fait promene a long de la riviere qui s'appelle Megurogawa.
Et puis nous avons participe l'exercice physique collectif. C'est bien pour babarder  les amis dans le parc.
<                   >
仏語試験の成績はさんざん。5割の出来では合格は無理、単語力を10000万まで増やそう。

| | コメント (0)

英検1級合格  通訳案内士邦文試験の難易度

   ** 日本歴史 **
------------------------------

--
《概観》
【1】難易度は?→高め
【2】予想合格ラインは?→50点前後か。
【3】問題傾向は?
 2009年以降、難易度が低い問題が続いていたが、

今年は結構難易度が高い。
ただし、地理と違い、歴史は出題傾向が明確であるため、

準備をするかしないかで
得点率は大きく変動するので、

余裕で60点に到達した方も多いはずだ。
 今年の予想平均点は46点で、

合格ラインもこの近くまで下がると考えられるが、
高めに見積もって50点前後と推測しておく。


上記は、CEL英語ソルーションがらの一部抜粋です。僕は受験していないので、内容については良く分かりませんが、予想平均点が46点と言うのは結構低いのではないでしょうか?

同じような傾向が今回の試験では続き、日本地理では46点、一般常識は45点まで下がるのではないかと、この英語学校では予想しています。

それで、全ての邦文試験の予想合格点は50点前後に設定してみたようです。いずれにしろ、邦文試験は足きりの意味もあり、近年まれに見る難しい試験だったようです。これなら、60点以上取れれば及第点は余裕と言うことでしょうか?

| | コメント (0)

2014年8月27日 (水)

通訳案内士への道 2014年の邦文問題は特に難しい!?

去る8月24日(日)に受験した結果を2度に渡り、この拙いブログで書かせて頂いたのですが、先ほど、ウェブ上で登録しておいた、CELと言う英語学校から詳細な解答リポートが登録者に送られてきました。幸いにも、僕は英検1級と日本史2級検定ホルダーですので、今回は「日本地理」と「一般常識」のみの受験でした。CELでの解答解説に、今回の受験結果を照らし合わせてみると、

<     >

日本地理は65点。一般常識は63点と言う数字に落ち着きました。

<      >

さて、その日の夕刻、千葉は市川からの帰り道、60点前後ではどちらも失敗したかなと、落胆しながら都内までの帰途に着きました。実のところ、午前中は時間が空きますので、フランス語でも受験したのですが、隣に座った若い女性は上智大学、フランス語科の4年生。いわば、大学受験界のエリート、その彼女に「日本史」はどうでしたかとたずねると、なんと彼女は、「結構難しかったです。合格までぎりぎりかな」と答えられるではないですか。2日前のブログでは下記のように書いております。

<       >   

「今回の「通訳案内士試験」が初めての経験だが、2010年までの4年間の問題と比べると非常に難しく感じた。過去4年間の問題を解いてみると、全て70点から80点は楽々取れていたのに」。

CELさんからの解答レポートを一部抜粋すると、下のように書かれていました。どうも、僕が感じていた、今回はどの邦文問題も非常に難しいと感じたのは事実だったようです。

** 日本地理 **
------------------------------

--
《概観》
【1】難易度は?→かなり高い
【2】予想合格ラインは?→50点前後か。

      ** 一般常識 **
--------------------------------
《概観》
【1】難易度は?→過去数年の中では一番高い。
【2】予想合格ラインは?→50点前後か。


| | コメント (0)

英検1級合格 通訳案内士への道 「通訳ガイド試験を~」

現役のサラリーマン時代、60歳を過ぎても62歳まではプロジェクトの責任者を任されていましたので、すぐに定年退職を考えたわけではないですが、残りは2年と思えば、定年後はどうしようと考えるのが人情です。そんな時に、僕は「通訳ガイド試験をはじめからていねいに」と言う無料サイトを見つけ、これだと飛びつくました。ただ、この無料サイト運営者さんはとても優秀で、この方のまねをそのままに、英検1級を取ろうと考えてから2年、漸く1級は取れましたが、その方とは頭の出来が違い、その間大変苦労しました。ただ、僕はサラリーマン現役最後の2年間は社員教育プログラムを企画から運営まで行い、英語などは一部、講師もこなしましたので、独学での英検1級取得は、現場でも大変役に立ちました。ここは、余談ですが、この「通訳ガイド~」サイト運営者さんの優秀さは際立っており、プログラミングも出来れば、英語関連資格は全て優秀な成績で取得されており、世の中にはすぐれた方がおられるものだとただ、ただ感心しております。。ただ、この方は英語で飯を食っているわけではないようです。僕も、自分のフロフィールを公開していますように、どちらからと言えば、フランス文化中心に生活をしてきました。娘たちもパリで、小学校高学年から、私立国際リセを終えるまで暮らしていましたから、アングロサクソン文化にはなじみがありませんでした。それでも、日本で暮らすとなると、米語中心になりますので、英語にシフトをせざるを得ません。長女も最近、子育て中ではありますが、「英語翻訳の勉強をしようかな」とか言っておりましたので、英検1級の勉強を勧めておきました。ちなみに長女は仏語、英語とも準1級しか持っていないようです。英語を職業にしていなかったのは、件のブログ主さんと同様ですが、頭の出来の違いは際立っています。それは、ともかく、「通訳ガイドをはじめから~」ブログは大変参考になります。是非活用なさったら良いと思います。

| | コメント (0)

英検1級合格 通訳案内士への道 英語及び邦文試験

「通訳ガイド試験をはじめからていねいに」と言うタイトルのすばらしい無料サイトが存在することは何度も、この拙いブログで紹介させて頂いております。とてもていねいで、親切なサイトなのですが、難がひとつありました。それは、ここ3年間ブログの更新がなされていなかったからです。それでも、1年に100万回はクリックされている、すばらしいブログです。それが、なんと今回の「通訳案内士」試験の直前に更新されているではありませんか?このサイトはアフィリエイトを含め、商売臭さのない(失礼)、大変さわやかなサイトです。ただ、難がもうひとつ、件のブログ主さんがタイトルでうたっているように、「邦文試験に2ヶ月で合格」するためのブログなのです。英語については実力で突破が前提で、ここでは解説されていません。それでも、十分にすばらしいサイトですので、皆さん、目的に応じて活用なさると良いと思います。ただ、この「通訳ガイドブログ」主宰者さんはいとも簡単に英検1級を取られているようなので、その点は個々の事情でアプローチの方法は変えてみたらよいとおもいます。

| | コメント (0)

2014年8月26日 (火)

通訳案内士への道 仏語雑記

A sujet de l'examen pour le guide national en francais , malheureusement , j'ai jamai reussi

le concours. Donc, je doit bien continuer l'etude sans cesse meme aujourd'hui .
<                 >
フランス語のオリジナル・テキスト、メグレ警視シリーズのうち、「メグレ、初めての尋問」
を読み始める。
 

| | コメント (0)

英検1級合格記録 通訳案内士試験 邦文2科目受験しました。

今朝は、もうふたつ、合格速報をチェックしてみました。皆さん、ご存知のように微妙に解答がひとつ、ふたつ違うのですが、そこから類推して、4つのソースから平均点を出してみると、

<  >
「一般常識」は60点から63点。
<  >
「日本地理」は66点から69点。
どちらも勝手な類推ですが、何とか、及第点には達しているようです。英語と日本史は幸いに受験免除ですので、ここは2次試験の準備を始めたいと思います。手始めに近くの図書館で英語で書かれた日本紹介、案内書を探してみたいと思います。 

| | コメント (0)

英検1級合格 通訳案内士への道 邦文試験を終えて

結果が分からないので、なんとも言えないのですが、邦文2科目(日本地理、一般常識)については最低合格点(一般常識は60点、日本地理で69点)の可能性が非常に高いようです。一応、ふたつ以上の解答速報で確認はしました。念のためCELの邦文科目無料解説に申し込んだので、木曜日と金曜日にはより確実性の高いデータがそろえられるとは思います。しかし、「一般常識」、時事ネタをもう少し、仕込んでおけばと悔やまれます。日本版NSCについても受験ネタ手帳にはきちんと記述しておいたのに、最後に見落とすとは残念。そうすれば、こんな薄氷を踏むような思いはしなかっただろうとは思います。また、一歩踏み込みが足りなかったのは2003年の訪日外国人数、これも「観光白書」最新版をプリントアウトした上、ネタ手帳に書いておいたのですが、500万にを600万人と勘違いしていました。事前にグラフをもう一度確認すべきでした。それでも、EU、最新加盟国のクロアチアについては、ネタ手帳に書き込んであったので正解でした。しかし、初めての受験ですが、この「一般常識問題」、過去4年分を直前に全て解いてみたものに比べても難度は増していたように思います。過去問、2010年までのものは全て70点から80点は取れていたのですから。

| | コメント (0)

2014年8月25日 (月)

通訳案内士への道 仏語雑記

Tous les matin, les dames et hommes de troisieme generation faitent l'exercice physique

collectif qui sont  synchronise par le diffusion programme.
<             >
昨日は千葉まで出かけていたので、中目黒公園での体操はサボってしまった。いつものメンバーと話が出来るのはやはり楽しい。

| | コメント (0)

通訳案内士への道 仏語で受験して来ました

午前中は英語受験免除でしたので、フランス語で受験しました。時間が足らず大変でしたが、一応、書ききりはしました。結果はもちろん、不合格でしょう。出来て5割、実力が本当に不足していました。単語についても、半分は出来ず。ただ、トキ ibis, 獣医 veterinaire, フェアトレード commerce equitable などは出来たし、税関 douane , 運転免許 permit de conduireはなんとか解答。フィギュアスケート patinage artistique は定番。しかし、時間切れもあり、三面記事や楽譜、短編映画などは分からす、書いてもいません。ステンドグラスも単語は見たことがあるのに書けませんでした。

これでは、とても、フランス語通訳案内士は無理だと思います。それでも、ドリルは続けて行きます。ともかく、オリジナルでの読書は続けます。

| | コメント (0)

英検1級合格記録 通訳案内士試験を受験しました

昨日は朝から千葉まで出向き、通訳案内士試験を受験してきました。僕は邦文2科目、「日本地理」と「一般常識」の受験だったのですが、これが、結構きつかったです。これで、もし日本史まで受験していたら(2級取得で免除)体力が持たなかったと思います。僕は市川の千葉商科大学というところで受験したのですが、JRの市川駅からバスで行くのは不安で、駅の交番で番線を聞き、漸く辿りつきました。

<        >
日本地理:結構ハードでした。自己採点とふたつの解答速報で照らし合わせると100点中60点台の後半、ひどいものでした。しかし、なんとか及第点か?それにしても、フッドマイレージやバーチャルウオーターなんかが問題で出るか?フッドマイレージについては昔、英検1級の問題で出ました。概念が分からず、散々な成績だったことが思い出されます。
<        >
一般常識:こちらのほうが、難しかったと思います。少なくとも僕には非常に大変でした。憲法の自由権や国権の最高機関などの設問もあり、憲法については事前に読み返していたのに、2問中1問しか出来ませんでした。近代五輪についての設問もあり、成績は散々。これも、自己採点とふたつの解答速報で調べてみたのですが、どう見てもボーダーライン、100点中60点。首の皮がつながるか、つながらないかでしょう。
<       >
英語は英検1級のお陰で受験免除でしたので、もし、邦文2科目がうまく行けば、2次に進めるかも知れません。

| | コメント (0)

« 2014年8月17日 - 2014年8月23日 | トップページ | 2014年8月31日 - 2014年9月6日 »