« 2014年1月19日 - 2014年1月25日 | トップページ | 2014年2月2日 - 2014年2月8日 »

2014年1月26日 - 2014年2月1日

2014年2月 1日 (土)

英検1級合格記録 歴史能力検定合格

僕が60歳を過ぎた時点で「英検1級取得」を意識したのは「通訳ガイド試験をはじめからていねいに」と言うブログを見つけたからだ。もう4年も前から更新されていないから最新の情報には適していないが、もちろん現在でも役に立つ部分は多い。このブログで初めて、英語は「英検1級を取得」すると視野も広がり、英語の質も上がるだろうと書かれていたからだ。本番で英語の受験が免除されると、そのとき初めて知った。その時点から62歳まではまだ現役の幹部だったので、すぐに英検の勉強を始めた訳ではないが、社員教育プログラムやその内容を任された時期、63歳になる直前、とうとう部門長をはずされ、肩書きが無くなった。この時点まで特別扱いされて来たようなものなので、会社に不満はまったくなかったが、当然のことながら、64,5歳での定年後の人生を誰でも考える。僕は今でもフランス語のほうが得意だし、アメリカと言う国は一貫して嫌いだ。そのためにハワイすら行かないようにして来た。フランス語圏に数年住み、旅行もしてきた。英語圏は英国に仕事で滞在するときだけだった。いまでも、フランス人の集まりやドイツ人の集まりには呼ばれるが、アメリカ人の友達はひとりもいない。

それでも、定年後に資格を取るとしたら、英語の通訳案内士くらいしか僕にはすぐに思いつかなかった。フランス語は需要が日本ではほとんどない。それはふたりの娘たちを見ていれば良く分かる。彼女達は英語とフランス語を同時に使いこなしてこそ仕事があると言う現実がある。僕は63歳で英検1級の1次に合格し、64歳でやっと2次に合格した。歴史検定・日本史2級に合格したのは、2014年1月17日付けの結果通知書によってだった。この時点で65歳になっていた。不合格者に通知するのが先行し、僕の手元に合格証が届いたのは1月25日だった。これで、英語と日本史は語学系では唯一の国家資格である通訳案内士受験では受験科目から免除される。今年中に地理と一般常識さえ受かれば、国家資格取得の道が見えてくる。通訳案内士の2次が英検1級の2次試験より難しいとはとても思えないからだ。もちろん、日本文化史などは英語で語れなくてはならないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 リスニング試験の壁

断定的には言えないが、リスニングの出来、不出来が合否を分けていると言っても良いかもしれない。伝統的に書くことで英語を学習してきた私たちは、フォーマット通りに学ぶことで、力を付けることが出来る。英検1次も参考書を繰り返し学べば点数も上げることが出来る。しかし、参考書で学びきれないのが、音源を使うテストだ。CDでもちろんドリルをこなすことになるのだが、新しい問題になかなか応用が利かない。耳が新たな問題についてゆけないのだ。聴いたこともない単熟語の意味がとれない。印刷されている文面でああ、そうかと思うのだが、一度聴いても分からない。留学していたわけでも、数年間滞在していたわけでもない身にとっては、これは大変だ。聴いたことのない単熟語なんて無数にあるからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月31日 (金)

英検1級合格記録 集中力を保つ

リスニング試験で集中力を切らさない一番良い方法は逆説的だが、ゆったりと構えて全体を把握することだろう。集中すると言うことは個々の単語や熟語を聞き取ると言うことではない。そこだけに集中すると全体を聞き逃す。問題音源を大つかみにつかみ、フローとして捉えないと全体で何を言っているかが、分からない。流れに乗りながら、特徴的な単語をすばやく覚えておく。それが、キーとなり正しい答えにたどり着こう。そうやって、集中力を持続させる工夫がひつようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 リスニングが要!

27点取れる人達は合格し、15点前後の人達は不合格となる。これがリスニング・テストの現実だ。そして、リスニング・テストはドリルを積み重ねてもそう簡単には成績を上げられない。それは、

1。聞き取りの力が自分のものになっている。
2。問題文をすばやく間違わずに読み取れる。
3。聞き取りから遅れずに、速やかにマークシートが塗りつぶせる。
簡単なようだが、聞き取った結果が、頭の中から消えないうちに正しい答えを見つけないと、次の問題が流され、ひとつでも手順が狂うともう取り返しが付かない。リズムに乗りすばやく解答して行けなくてはならない。このパート3が一番集中力が要る。だが、問題構成は難しくはない。それは、日常的な会話文が中心だからだ。ただ、運動神経に似た反射神経が必要だ。これは訓練・ドリルで解決できると思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 集中力を保つ方法

そのうえで、34分のリスニング・テストに突入する。ここで、出来れば英文エッセイは10分ほどの余裕を持って終わらせたい。リスニング・テストのパート2の冒頭の2問、パート3の冒頭の1,2問、パート4の2問の全部で、解答で有り得なそうもない選択肢のひとつか出来ればふたつに印をつけたい。これで正答率がぐっと上がる。仮に途中で集中力が切れても抜けられる道があるということを言いたい。実際、パート2の4つの選択肢を読むだけで、流される音源のテーマが想像できることがある。その中で有り得ない回答を消しておくのだ。時間は限られているので、実行はここで書かれているほど簡単ではないが、やれないことではない。要は10分を筆記の後で作れるかだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 集中力

いつのまにか1月も最終日になってしまった。3日ほど沖縄本島以外を旅行したので、余計に1月の終わるのが早い。1級1次を受験されている皆さんには本番での集中力をいかに保つかが、得点力を高めるコツだと書いている。不合格になる一番大きな壁はやはり、リスニング・テストにあると考える。もともと簡単ではない、このリスニングテストは100分の筆記試験の後に行われる。エッセイはともかく、その前の長文穴埋め問題2題、6点。長文内容一致3題、20点。特に800語問題はエッセイの前に8点を取らなくてはならない難問だ。問題そのものが、まるで新聞1面を読み進めなければならないような圧倒的な量だ。オリジナル・テキストを大量に速読する経験を持つ者でなければ、その量にまず圧倒されるだろう。合格するにはまず、この800語問題は全問正解しなければならない。ここで集中して全問正解に挑まないと合格は覚束ない。しかし、仮に全問正解出来ても、エッセイで体力、集中力はほぼ尽きてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

英検1級合格記録 集中力を切らさない!

リスニング・テストで何回受けても15点前後という方も多い。多分中高年や若い方でも地方在住、英語を話すネイテイブと高度な会話を交わす機会のない方たちに多いのだろう。BBCやCNNのニュースを聞いて分かるだけでは、1次試験は受からない。机上で4択の中から問題を聞きながら、正し答えを探さなくてはならないからだ。音源に注力が半分、解答欄にも頭脳の半分の集中力が必要だ。これが、大変な労力を使うので、パート3にたどり着く前に集中力が切れてしまう受験生も多い。ましてパート3は音源や4択の解答も難しくはないのだが、問題音源が教室内に流される直前に、場面設定、正解に辿りつくには、解答条件が規定されているので、それをすばやく理解しなければならい。ほぼ、3つの動作を同時にこなす。この時点で少しでも集中力を欠くと高得点は望めない。英語聴力スタミナをつけるためには、1時間は集中して高度な内容の英語が聞き取れる訓練が、ドリル練習のほかに必要だろう。そうでもしないと、何回1次を受験しても合格出来ないかも知れない。英検1級のリスニングテストは確かに、巷にあまた存在する高度な英語能力を測るテストの中でも、難しい部類に入るだろう。従って、このリスニング・テストは少しでも気を抜くと次の問題についてゆけなくなり、問題に取り残される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 リスニングは集中力!

リスニング試験。帰国子女に罪はない。僕のふたりの娘も、大昔の話だが、フランス語・英語で授業を進める学校に通っていたから、その点では擁護したい。子供は環境を選べない。親たちが勝手に連れて行くのだから。さて、リスニング試験の集中力。これが、途中で切れると1次試験は失敗する。パート1までは良いとして、難解なパート2の途中でもう集中力が切れる人は不合格の憂き目を見るのではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 リスニング・テストへの対応

実のところ、これは大変難しい。僕も英語圏に暮らしたことはない。大学を出た直後からフランス語に接する仕事に就いたので、そちらでは大変鍛えられた。リスニング力は日本語に接する機会がすくないか、切羽詰った状態で状況を切り抜けるかすると付いてくる。僕は電話でフランス語を話し、聴く状況が多かったが、その時は常にひとりだった。外国では、街角の公衆電話からも良く電話した。ただ、いずれの場合もフランス語だった。ただ、聴く力は付く。多分、どの外国語も全体をフローとして捉えられないと把握するのは難しいのだろう。英語も話しはしたが、欧州本社は英国だったから、聴くのはイギリス語だった。英検1級はアメリカ語が中心だから、その対応に苦労するのは良く分かる。ただ、僕が2次試験の1回目に遭遇した試験官は英国人女性だった。試験官は「僕の言っていることが良く分からない」と言っていたが、僕も相手の言っていることが分からなかった(笑)。案の定成績は56点で不合格。そんな状態では受かるはずがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

英検1級合格記録 リスニングで差が付く?

不合格者は15点前後、合格者は27点前後、リスニングが実は一番差がつく。その上、15点の人は何度受験しても成績は上がらない。これはどうしてだろう?僕には理由は分からない。リスニングは一番ドリルの成果が上がらない試験科目なのだろうか?多くの中高年の方が不合格になる壁はこんなところにあるのだろうか?一度仮説を立てて検証してみたいものだ。何度も、このブログで書いているが、それでは、帰国子女が圧倒的に有利だ。だいたい、27点などと言う平均点は、生で英語を母語として話す人達と日常的に接していた経験がなければ不可能な数字だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 リスニングが捨てられるか?

どうしてもリスニング・テストで点数が上がらないなら、最低得点でも合格する算段をつけなくてはならない。そうするには筆記で全てのパートで点数をかさ上げしよう。

1.単熟語で21点。
2.穴埋めと内容一致で25点。
3.エッセイで20点。
.リスニングで15点、悪くて14点。
合計80点から81点。 これで逃げ切りを図ることも出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 リスニング、乗り越えるべき壁

再三書いていることだが、帰国子女でもない限り、リスニングテストは大変きつい。模擬試験や学校での訓練で、この難解なリスニングテスト、パート2からパート4まで乗り切れるのだろうか。無意識にBBCやCNNを聴いて、聞き流しても完全に理解出来るレベルでないと、27点とか29点は取れないのではないだろうか。その上に試験の進行は早い。この速さに対応できないとどんどん解答が遅れ、それが致命傷になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 1月26日(日) 単熟語の試練

きんちゃんの英語学習日記によれば、きんちゃんは筆記パート1の単熟語25問中16問しか正解出来なかったと書いておられた。出たしのパート1も実は合格するには重要な要素だ。ここで、勢いがつけば、合格、高得点に向けてはずみがつく。僕も10分ほどで仕上げてみたが、21点と言う結果が出た。実際のところ、合格者でも平均18点から19点しか取れていない。ここで、20点以上取るには、どんな過去問でも8割取れるように自分を訓練することだ。過去問を6回まで遡って解答してみて、8割取れない場合は単熟語リストで覚えていないものだけを抜き出し、1単熟語を10分で覚え切ってしまおう。そして、それを翌朝繰り返す。これで、記憶は定着するはずだ。20点は取れないと合格へのはずみにはならない。殆どの単熟語は過去に必ず出題された定型単熟語だ.。恐れることはない。必ず克服できる。21点取れれば受験生の中でも無敵だ。殆どのオリジナル・テキストや英字新聞も辞書なしで読めるようになる。1級1次ではそのくらいのレベルの単熟語力は無ければならないし、実務でもそうでなければ役には立たない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

英検1級合格記録 観光される立場

Taketomi_2

実は先週3日ほど沖縄の離島へ女房と旅行していた。その時期に「歴史検定」の合格証書が届いていたのだ。それで、その試験に受かっていたのかどうかは分からず旅行に出ることになり、多少気にかかっていた。通訳案内士試験の受験科目が減るかどうかを知っておきたかったからだ。その沖縄旅行の際、竹富島で牛車での観光に反対する手作りの看板をたくさん見かけた。沖縄の離島観光と言っても一筋縄では行かないのだろう。観光という現実はどこか残酷だ。みられる立場にたって考える必要がやはりある。ガイド資格を取ろうと思えばなおさらだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 難関の1次試験

きんちゃんは 通訳案内士資格を既にお持ちだが、英検1級に対する挑戦は15回を数えるようだ。準1級もお持ちなのだが、1級資格との間には深くて暗い谷間が横たわり、中々飛び越えられないようだ。やはり、最大の難関はリスニング・テストのようだ。この壁は確かに高くて乗り越えるのが大変だ。なまなかなドリルでは力は付かないかもしれない。単熟語も実は一筋縄ではいかないのだが。しかし、多くの英検1級ブログと銘打ったものが、最新の英検1級受験やそれに関連する記事を掲載しないのは、「羊頭狗肉」ではないか?犬の肉ですよ。犬。それは 、必死で1次試験ネタや2次試験のヒントをさがしている孤独な独学のひとたちに失礼ではないかと僕は思ってしまう。英検1級ブログである以上、1級受験生により沿った記事や情報に特化すべきであろう。僕は凡人でしかないので、何度も受験に失敗する受験生の焦燥感は良く分かる。何が出来るわけでもないが、何度も失敗する人達に自分の失敗の経験を伝え、どこを注意すべきかを伝えるのが、英検1級ブログの役目ではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 リスニングが関門?

1次試験が終了した直後にいつも書いていることだが、合格者は平均27点をリスニング・テストで獲得している。34点中の27点は正答率80%だから、合格者総合平均点から見て特別高得点ではないのだが、その問題の難解さから、帰国子女や留学経験者で無ければ、なかなか獲得できない点数だと思われる。問題音声が聞こえてから10秒間、解答を探してうろうろしているうちに次の問題に移る。これでは、次から次へと聞き漏らしの悪循環に嵌り、失敗してしまう。要は無意識に問題を聞き取り、4択からなんとなくでも正解に辿りつくようにする。そして、次の問題に耳が移り、また無意識にでも、なんとなくでも、正解を鉛筆の先で探し当てている。そのような作業が集中的に行われないと27点以上の高得点は生まれない。不合格者が大量に生まれる所以がこのあたりにあるのだろう。従って、帰国子女の優位はゆるぎない。特にパート3は厄介だ。問題は難しくないが、設問前提条件をすばやく読み取り、臨場感溢れる例えば、英国あたりの空港でのアナウンスを聴く、そして、設問音声が流れる。ほぼ、同時に4択の中から正解を見つける。マークシート上の正しい番号を黒く鉛筆で塗りつぶす。5問で各問2点配分で合計10点。3問正解6点は欲しい。パート1で8点、パート2で3問正解6点。これで、パート4が仮に全問0点でも20点は稼げる。うまく行けば、パート4で1問に2点。リスニング全体で22点。これで合格点に達する。筆記合計で60点取れれば良いのだから、総得点は82点。これで、ごうかくだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

英検1級合格記録 通訳案内士への道III

昨日は一次試験日だったが、受験された方々の手ごたえはいかがだだったでしょう?感触が良かったかたは早速2次試験対策に取り掛かりましょう。1次の結果発表は2月7日(金)前後だろうから、そこから2週間後の2月23日(日)が2次試験日となる。僕はなんの準備もしていなかった2012年の7月、56点で不合格だった。もっとも、準備をしたつもりの2回目は、どの問題も分からずにスピーチは全くできず38点。3回目も不合格で、結局4回目に最低限の得点62点でめこぼしして貰ったような状態での合格。2次試験対策を語るような資格は僕にはない。ただ、もし、1次が不合格でも、スピーチ原稿を15分位でテーマを決めて書き留める訓練は作文対策にはなる。しかし、注意して頂きたいのは、英語スピーチ原稿をいくら書き溜めても、発声を伴う2分間の英語によるスピーチ対策にはならない。と言うことです。第一、5題の選択肢を予想しても、まず本番では当たらない。出来ることは表現力を増しておき、いくらでも言い換えの出来る単熟語が、自分の英語引き出しに入っていなければならないということだろうと思います。それはさておき、僕の場合、英検1級合格はあくまで、英語による通訳案内士資格を取るための手段だとこのブログ主は再三書いています。実のところもっと本番での受験科目を減らそうと「2級・日本史」検定を受検し、合格証が先週届きました。この試験は1年に1回、12月に実施される。レベルは高校卒業程度、大検認定が受けられる水準だそうです。従って中高校生の受験生が目立ち、僕のような60歳以上の受験生は殆ど見かけなかった。第一、英検1級を取っていなければ、「2級・日本史検定」を持っていてもほとんど意味をなさないだろうから、僕のような動機で受験するものは殆どいないのではなかろうか。いずれにしろ、通訳案内士試験での受験科目は「日本地理」と「一般常識」に絞られた。一般常識jは歴史と文化史が結構出るそうだから、実質的には「日本地理」に集中して、ドリルをこなそうと考えています。怠け心が検定受験の動機とは不純な動機です。「地理検定」もあるらしいのですが、検定試験実施は11月?これは受験の機会を逃したので本番受験となります。ただ、どの検定も60点が合格ライン、本番の通訳案内士は50点が合格ラインだそうだから、事前検定が有利とは限りません。それは、英検1級も同様、多分本番試験より、英検1級のほうが難しいと思います。なにしろ、TOEIC820点!で良いのですから、これだと2次のスピーチで落ちないのかなとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 稲田アカデム!?

英検1級取得が、そのまま通用するものかどうか、稲田アヵデム(仮名)で講師を募集していたので、行ってみると、ミニテストと今時、手書きの履歴書を提出と言う古臭い手法がまかり通っており、あっけなく落ちだ。雰囲気は体育会系で、たかがアルバイト募集なのに中年の人事部長というのが偉そうに出て来て、「うちは東証一部上場だ」とのたまっていたのは噴飯ものだった。今時、そんなものが何の基準になるというのだ。塾業界というのは大変古くさく、権威主義的な存在なのだなとと思った数時間だった。42年間色々な会社や人間を見てきたものの身でも、まだまだ興味深いことがあるものだ。その上に、この業界はテストが好きだ。他でもイング・アカ(仮名)と言う名の英会話学校が講師を募集していたが、条件に、ここもテストを課すあった。政府系や大きな企業体は書類選考と面接が主なのに、アルバイト募集にしては大仰だ。これも古臭さの表れか、その存在の自信のなさの裏返しなのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

英検1級合格記録 今日は試験日

今日の午後は英検1級1次試験の受験日だった。みなさん、くたくたになりながら、午後4時半には帰途についただろう。良い結果が出たであろう人もそうでなかった人もお疲れ様でした。英作文の手ごたえは自分ではなかなか掴めないので大変だろうが、テーマをうまく捉えられれば、そして時間内に書き切れていれば、最低18点はとれるだろうから、そのラインで予想点数を組み立ててみよう。受験生の皆さんは月曜にはウエブで解答が示されるので、少なくとも合格不合格は明日には判明する。合格の手ごたえのある人は早速、2次スピーチの訓練を始めよう。実際は2週間くらいしか時間は残されていない。ただ、殆どの参考書は役に立たないので、自分なりのスピーチ・ドリル方法をみつけるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 歴史能力検定に合格!

今日は英検1級1次試験なのだが、3日ほど旅行に出ていて、郵便物を見ていなかったので、上のタイトルの話をしたい。何度も書いているのだが、英検1級を取ろうと60歳で思いついたのはあくまで、定年後、英語の通訳案内士資格を使って自営業を始めようと考えたからだ。まあ、英語だけでは足りないだろうから、フランス語もいずれは同じように取ろう思っている。それはともかく、64歳で英検1級は漸く取れた。通訳案内士資格を取るための条件は出来たが、昨年8月に英語試験免除を使い受験する機会をは逃してしまった。7月に漸く2次に合格したから申請時間が既に残っていなかったのだ。この時点で次年度に受験する科目は日本歴史、地理そして一般常識だが、今回、結局受験するまでの時間が空いてしまったので、歴史能力検定を受けて、来年の受験科目を減らす作戦を立てた。2級・日本史に合格すれば、通訳案内士試験での受験科目は日本地理と一般常識を残すだけだ。最終的に半年間勉強し、12月1日に受験し、年明けの1月24日に合格証書が漸く届いたようだ。ようだと言うのは25日に東京に戻ってきたので、本当のところは何時届いたのかがわかならない。合格証には2013年12月6日と記されていた。しかし、点数は62点と最低合格点に近い。合格率は40%。それでも合格は合格だ。この62点と言う得点は英検2次での合格点と同じだ。これも最低点に近い。62点に縁がある。(笑)60点が最低合格ラインだ。しかし、これで、通訳案内士にまた、一歩近づいたと実感しているところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月19日 - 2014年1月25日 | トップページ | 2014年2月2日 - 2014年2月8日 »