« 2014年12月7日 - 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月21日 - 2014年12月27日 »

2014年12月14日 - 2014年12月20日

2014年12月20日 (土)

英検1級合格その後 1級1次は1月25日

僕の英語修行は「英語通訳案内士」試験2次が終わり、一時中断状態です。年が明けるとまた、英検1級1次検定がすぐにやってきますから、受験生の方は気が抜けないと思います。外国語の学習で重要なことは、ご存知のように1日たりとドリルを欠かさないことだと思います。それが、例え1日30分しか時間が取れなかったとしても、(実際は1時間は必ず取れます)ご自分の一番弱いと自覚しているか、過去の得点が一番低い課題をドリルすることで、必ず道は開けます。1次の最大の難関はリスニングだろうと僕は考えています。筆記は過去問題3年分、計9回で平均して60点以上取れるようになれば、合格します。しかし、リスニングの20点が、長期の海外留学経験や駐在経験のない受験生には難しいのだろうと考えています。ここでは、実際は何度受験しても14点から18点までしか取れないのではないでしょうか?僕は英語圏ではないものの、現役時代にパリに合計で7年住み、出張は数限りなく欧州へ出かけていましたから、それで聞く力は鍛えられたのではないかと考えています。具体的な聴き取りドリルは過去問題を徹底的に解きました。これで、21点から24点を得られるようになれば、合格圏です。聴き取りは歩きながらでも、電車の中でも出来ます。ただ、必ずドリル実践は本番さながらで、再現して下さい。それが、20点超えのコツだと僕は考えています。

| | コメント (0)

2014年12月19日 (金)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 2次発表までの空白

英語能力を鍛えると言うより、単純に僕の楽しみとして、ハードボイルド小説を読み続けて来ました。今朝は、昨日借りたのと同じ小説家ローバート・パーカーの書いている、「ダブル・プレイ」と言うタイトルのハード・カバー本を借りてきました。内容は不明、多分大リーグがらみの小説だと思います。返却は年明け6日までに、となっていますから、年末は貸し出し期間が長いようです。分からない単語はまめに辞書を引くことは、(僕はキンドルを辞書代わりに使っていますが、)英々辞書で、知らなかった語彙をなくすと言うより、単に、「これまでに学んだ、語彙を忘れないようにする」ことは出来る,と言った方が良いようです。昨日のバ「イト先では、年明けに簡単な和文英訳の仕事を依頼したいと言って来ました。会社員時代の知識が生きる翻訳のようです。

| | コメント (0)

2014年12月18日 (木)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 空白期間

取りあえず、案内士試験2次が終わってしまい、2012年の英検1級1次合格。

<        >
                             2013年の英検1級2次合格。
<        >
                             2014年の歴史検定合格。
                             2014年通訳案内士1次合格
                                         2次受験
これで当面の目標がなくなり、区立図書館から、 Robert B. Parker, 「BAD BUSINESS」を借りて来て読み始めています。僕は同時に何冊かを一遍に読む癖がありますので、後2冊はハード・ボイルド小説を借りて来て、米語三昧の世界に浸りたいと考えています。合間にフランス語の書き取りと英語で読む日本案内「National Geographic Traveler japan](これは「通訳ガイド試験をはじめからていねいに」ブログで紹介されていたものです)そして、空いた時間はパートに出ています。まあ、英語が使える仕事なので、まあ、良しとしています。
        
 

| | コメント (0)

2014年12月17日 (水)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 帰国子女

最近、パート先で英検1級、TOEIC 990と言う若い女性と知り合ったのですが、彼女は「英語通訳案内士」試験には1次で不合格だったそうです。そう、彼女は米国からの帰国子女、他にも中年女性で同じく帰国子女の同僚がいたのですが、彼女も日本歴史や地理は皆目分からず、現在、養成学校に通い、邦文3科目を勉強しているそうです。そう、帰国子女で、特に欧米で高校や大学まで出たような人達は、日本語科目が壁になるそうです。英語が出来ても、簡単には「通訳案内士」にはなれないと言うお話しでした。

<          >

またまた、英検1級1次試験が年明け、25日にはやって来ます。聴き取り能力の有無が合否を分けると僕は考えていますが、これは1級レベルのリスニングをシャドーイングで克服して行くしか方法はないのではないでしょうか?それには、過去問題のリスニング・ドリルも欠かせません。これは通勤電車の中で34分の聴き取りテストを、問題文のコピーだけをハンドバックか背広の内ポケットに入れておくという方法で短時間で毎日出来ます。答え合わせは、昼休み10分。これなら空き時間で出来ますよね。ただ、1年間は必要かも知れません。

 

| | コメント (0)

2014年12月16日 (火)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 余白で考えること

1月25日には又、英検1級1次検定が行われるわけですが、この試験に5年越しで取り組まれておられる方は少なくないと思います。僕は2,3度と同じ試験を受験するつもりはありませんが、過去問題1年分、3回は解く様にしています。英作文を16点の最低点に設定すると、3回平均で82から83点となるようです。冒頭の語彙は20点を下回ることはないようです。しかし、肝はやはり聴き取り問題です。ここは24点平均は取らないと合格は覚束ないでしょう。基準としては、映画やドラマは8割方聞き取れる。CNNなどのニュースは全く問題なく聞き取れる、このあたりが合格の基準だろうと僕は考えています。

| | コメント (0)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 結果待ちの空白期間

2次発表まで、しかしな長いですね。ただ、ただ、呆然とはしていられませんので、いままで続けていた2次ドリルはより強化し、来年は1次突破が目標のフランス語の文章書き取りはそのまま続けます。また、オリジナル・テキストでの読み込みも続けていますが、語彙不足には、自分でもがっかりします。キンドルに仏仏、英仏、仏英、英々、日英を入れているのですが、たしか300円位を支払っただけで、殆どは無料辞書機能として入っていました。これは便利でお得ですね。後は、楽しみとしている、米語でのハード・ボイルド小説の読み込みです。これは純粋な娯楽ですが、語彙維持には良い習慣だと思っています。

| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 空白期間

僕は3期も、今住んでいる集合住宅の理事長を引き受けているのですが、漸く今期でお役目は御免となります。ここで、少し怖いお話し。隣の区に30年に渡り独裁体制を敷いている大規模集合住宅があるそうです。理事長は管理会社に24時間体制で住民を監視させ、至るところに監視カメラが設置され、両手で抱える程度の荷物でも、届けがなければ入館を拒否し、少し派手な服装の独身女性は入居させないなどの、人権侵害も行われているとか、このような集合住宅は、入居予定の部屋しか絶対に見せないそうだから、そこがポイント。件の管理会社はあまりの理不尽さに管理契約更新を拒否したそうです。どうぞ、ご注意を。

<      >
さて、良い習慣。昨日も午前3時間は近くの区立図書館へ。設備が古くて閉口するのですが、暖房だけはちゃんと効きます。そこで、「日本的事象」のドリルを1時間。仏語の小説の読み込みを1時間。ウィキトラベルの解読を1時間。午後は楽しみにしていた、米国のハード・ボイルド、オリジナル・テキスト版を読み終えました。衆議院議員選挙にも行き、帰りに女房と食事、、少し高いフレンチワイン(ポムロール)のハーフ・ボトルを二人で飲んだので、高くつく投票になりました。(o^-^o)

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 間を空けない

今日は衆院選、僕は女房と共に、投票には必ず行きます。それは区議会であろうと、都議会であろうと棄権はしません。候補者の顔は見えませんし、彼ら、彼女らの意見も直接には殆ど聞けませんが、それでも、投票には行きます。とても、空しい気もしますが、それは、民主主義を支えるか細い糸であろう以上、切らせてはならないと考えるからです。

<    >
さて、お勉強、このところ目標を失った感はありますが、2次不合格を前提に、この2ヶ月で、ドリルの見直しを進め、ウイキトラベルを読み直します。また、national geographic travelerもきちんと読んでみようと思います。このふたつの資料は目を通しただけでしたが、試験のヒントが満載でした。これらを読みこなせば、次の2次につながると考えるからです。

| | コメント (0)

« 2014年12月7日 - 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月21日 - 2014年12月27日 »