« 英検1級合格記録 2次試験対策 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への道 英語力 »

2015年1月29日 (木)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 ハンナ・アーレント

英語力維持にはやはり、読書が一番重要だと考えています。昨日はロバート・パーカーの「ダブルプレイ」を結構読み進めました。その後、録画しておいたドイツ映画「ハンナ・アーレント」を妻とふたりで鑑賞しました。ハンナ・アーレントは第二次大戦中、間一髪で、ナチスに協力するビシー政権の、フランスに存在した女性収容所から米国に逃れたユダヤ人ドイツ系哲学者です。劇中人物は米語とドイツ語を自由に操るのですが、ドイツ語は全く出来ないアメリカ人作家と読めてもはなせない大学教授が疎外されてしまう場面は、外国人観客である僕には良くわかります。僕はドイツ語も2年程、会話のみですが、学んだことがありますので、せりふも、すこしはわかります。しかし、哲学書は殆ど数学です。僕は高校の数IIBを捨てたくちですから、哲学書は理解出来ません。しかし、ハンナ・アーレントはハイデッカーに師事したことでも良く知られています。ハイデッカーはヒトラーに迎合した汚点を残した哲学者として,本国のドイツ、そして北米でも評判はよくありません。ナチスについて結構な数の関連書を英語、日本語で読んで来た身としては、やはりハンナ・アーレントは外せない哲学者のようです。これは、どうしても何冊かを英語と日本語で読んでみる必要がありそうです。

|

« 英検1級合格記録 2次試験対策 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への道 英語力 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 2次試験対策 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への道 英語力 »