« 英検1級合格記録 通訳案内士への道  | トップページ | 英検1級合格記録 ハンナ・アーレント »

2015年2月 1日 (日)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 英語力の維持

昨日は大好きなハードボイルド小説のうち、「ダブルプレイ」と言うタイトルの一冊、ロバート・パーカーのものでも、一連シリーズをはなれた一冊を読み終えたので、仕事帰りに目黒川に近い区立図書館でJonathan Kellermanと言う人の「The Clinic 」と言うタイトルのミステリー小説を借りて来ました。これも楽しみです。実はハードボイルド小説は,ある北米評論家が「The Line Up」と言う評論を出しているので、それをインデックス代わりに使い、手に入るものから読み進めています。また、「不思議の国のアリス」これもオリジナルテキストで読むとまた、おもしろい小説であることがよく判りました。自分の勤めるパブリックスクール学寮長の娘のアリスのためだけに書いたと言う視点のままで読むと尚、面白いですね。

<      >
お話しは唐突に変りますが、フランス文化・社会は非常に頑固なところがありますから、移民などには不寛容だと言わざるを得ません。僕たちの次女は途中、パリの私立中学に1年だけ通いましたが、フランス人の友人は一人も出来ず、元の私立学校系列の高校に戻り、元からの友人としか付き合いませんでした。また、極端なエリート主義でもありますから、中学2年段階で選別が終わるともう、社会の階段を上る機会はありません。また、UK、連合王国は階級制がそのまま残っていますから、その不公平、不平等はフランスよりもっと酷いかも知れません。移民2,3世はそのように固定階級社会からはじき出され、結果、白人や日本人も憎しみの対象でしかないことになるのでしょう。

|

« 英検1級合格記録 通訳案内士への道  | トップページ | 英検1級合格記録 ハンナ・アーレント »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格記録 通訳案内士への道  | トップページ | 英検1級合格記録 ハンナ・アーレント »