« 英検1級合格 通訳案内士 2次試験を待ちながら | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士への道 2次準備 »

2015年6月23日 (火)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 2次対策

今日は午前中は出かけなくて良いので、2014年度分の通訳問題文を一題解いてみたと思います。:

<           >
現在日本で使用されている文字に表音文字であるひらがなとカタカナがあります。これらの文字は2世紀から3世紀に中国から伝わった表意文字の漢字の一部を抜き出したり、簡素化して作られました。
<           >
Today, we have two  types of writing systems, hiragana and katakana which are phonetic
and both of those were devised or simplified much later period from kanji characters which are ideograms and major body of our writing system, brought into Japan from China from  the 2nd through  the 3rd centuries .
<                             >
ざっと、こんな感じで翻訳してみましたが、どうでしょう。現実には口語として発表するわけですので、しどろもどろになるとは思いますが、漢字、ひらがな、カタカナの歴史と必要な単語を覚えておくことは必須でしょう。いくつかの短文を暗記しており、切り貼りしてみました。
<      >
次にランダムノートからひとつ選んでみましょう。それは日本料理について。
<           >
 
Kaiseki is a simple traditional  dish which is served  to the guests by the host before the tea ceremony.
<                   >
Shojinryori is a Japanese traditional vegetarian dish ,prepared at Buddhist temples for the religious reason of no killing which are usually served  to the worshipers at Buddhist dining hall.

|

« 英検1級合格 通訳案内士 2次試験を待ちながら | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士への道 2次準備 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英検1級合格 通訳案内士 2次試験を待ちながら | トップページ | 英検1級合格 通訳案内士への道 2次準備 »