« 2014年12月28日 - 2015年1月3日 | トップページ | 2015年1月11日 - 2015年1月17日 »

2015年1月4日 - 2015年1月10日

2015年1月10日 (土)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 充填中

パリでのテロ事件のうち、ポルト デ ヴァンセンヌ での事件現場は僕が赴任中に住んでいた街の極、近く。隣街と言って良い場所のユダヤ系食料品店が襲われたと言うことです。僕は6年、娘たちは8年から9年、その隣街に住んでいたので、一連の事件はとても胸が痛みます。

<      >
今日は午前中は住んでいる集合住宅の理事会、理事長を2期務めましたから、今期でお役御免。あと2回の理事会と最後の総会を乗り切れば、当面理事はやらずに済みます。
午後はパート仕事。そろそろ、翻訳仕事も入ってくるようで、その準備も進めなくてはなりません。
<     >
さて、早朝ドリルは仏語の書き取り、仏オリジナルテキスト2冊の読み込み。そして、英語で2冊のオリジナル小説を読み進めれば、もう、今朝のドリル時間は取れません。それでも、細切れ時間は活用出来ます。今日も少しだけ、昨日よりは語彙を増やす。そのつもりでやってゆきます。

| | コメント (0)

2015年1月 9日 (金)

英検1級合格記録 通訳案内士2次試験後

英語の力を落とさないためには、オリジナル・テキストを読み続けることがやはり大切だと思います。僕は勉強になるようなものは普段、読んでいませんが、昨日は仕事の後、区立図書館でLewis Carrol のAlice’s Adventures in Wonderland and Through  the Looking -Glass

を借りて来ました。これは昨日も書いたのですが、小林泰三(やすみ)のミステリー「アリス殺し」を8月に予約し、漸く貸し出され、読み始めたところですので、これは平行して読み進めるつもりです。英語語彙を忘れないためには、オリジナルで読んでいるときに不明な語彙が出て来たら、やはりまめに電子辞書などを引き、文章で覚えてしまうことだと思います。関連付けが記憶を保つのは良く知られた記憶方法ですよね。これは、英語ではないですが、「星の王子様」もオリジナルで読み、音源で分からなかった語彙を辞書で調べ、又聞きなおすと言うドリルもつづけています。これは壁塗り作業の繰り返しと言われる記憶方法で、これも良くしられていますね。あらゆる道具と書籍を利用して覚えるしか、外国語上達の道はないようです。

| | コメント (0)

2015年1月 8日 (木)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 充填期間

このところ、日本文化関連の書籍は全く読んでいません。七草粥の行事も終わり、そろそろ、松の内も明けましたので、いつもの生活に戻ろうと思います。それでも、英語で2冊、日本語で1冊、そしてフランス語でも1冊、同時に小説を読み進めています。今日も午後は仕事が入っていますので、午前中、1時間はフランス語の書き取り、英文法を20分ほど読み解き、中目黒公園で体操、談笑。午後、通勤途中でフランス語の小説を20分ほど読み、通勤帰りに20分英語のペーパーバックを読むつもりでいます。細切れ時間を使えば、同時進行で、読書も、ドリルもこなすことは出来ます。そして、歩いている時は「星の王子様」のCD朗読を聞いています。この小説も使われている語彙は,極一般的な単語で、決して簡単なフランス語で書かれている訳ではありません。日本では、童話として扱われているようですが、その辺りは初学者に誤解があるようです。この小説は大人のフランス人が読んでも耐えられファンタジーとなっています。もちろん、聞き取れない単語は数多く出て来ます。

<          >

サンテグジュペリはあまり操縦もうまくなかったようで、大戦末期には中年で、志願しても漸く、偵察機に乗れるようになっただけで、これは武装なしだったので、致し方ないことでしたでしょうが、ナナチスドイツの戦闘機に撃墜されたことや、その機体が地中海で見つかったことは、90年代に報道されている通りです。それにしても、米国貸与のP38、例の山本五十六を撃墜した、その当時の最良の戦闘機でも逃げ切れなかったのですかね?

| | コメント (0)

2015年1月 7日 (水)

英検1級合格記録 通訳案内士 空白期間

パート仕事の合間に濫読を続けています。区立図書館からは、数ヶ月前に予約していた「アリス殺し」小林泰三(やすみ)著を漸く借りることが出来ました。所謂、ミステリーですが、言わずと知れた、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」がベースになっているようです。折角ですから、これはオリジナルも借りて読もうと考えています。同時にロバート・パーカーの「バッド・ビジネス」をハードカバー版で読んでいるのですが、その中で、脇役のひとり、黒人で、街のボスのひとり、そして主人公スペンサーの親友ホークが、ハルバスタムのノン・フィクションの著作のうちの一冊を読んでいる場面に出くわし、嬉しくなりました。

<         >
デイビッド・ハルバスタムは署名なノンフィクション作家で、若くしてピュリッツアー賞を受賞したことでも知られているのですが、英検1級2次試験の2回目(もう1回目は失敗していました)で、愛読書の話が白人男性試験官さんとの間で出たのですが、この方は、この作家の名前を知りませんでした。アメリカ人は一年間に平均5冊!!しか本(一般書)を読まないと言う最近の統計もありますが、その通りなのだと、実はその時思いました。ただ、この時も2次は失敗でしたが。
 

| | コメント (0)

2015年1月 6日 (火)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 2次結果待ち

2012年7月に英検1級2次試験が終わり、2013年の12月には歴史検定を取得し、2014年12月に「英語通訳案内士2次」が終わると、当面、ドリルは空白期間となりました。ただ、自分で勝手に名付けている「良い習慣」が途絶えることのないように、毎日、フランス語の書き取りは5題をこなし、オリジナルテキストで小説を読んでいます。しかし、1ページに3個以上の知らない語彙がある状態では、ストレスなしに小説は読めません。僕の今のフランス語語彙力は、8000語と推定されます。これを13000語、英検1級の水準に持ち上げないことには、とても、フランス語で通訳案内士1次試験も突破出来ないでしょう。聴き取りについても、まだ、音源を通常のスピードで聞きながらでは、書き取れない状態です。現在は、何事も目的とする到達点には遠く、一体いつになったらフランス語で通訳案内士になれるのか?道は遠いと感じている年頭ではあります。

<      >

後日、娘たちにも聞きましたが、やはり基本は十分な数の語彙だと強調しておりました。それはそうですよね。確認するまでもないことでした。

| | コメント (0)

2015年1月 5日 (月)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 新年読書記録

このところ、昨年のノーベル文学賞受賞作家、パトリック・モデイアノの著作のひとつ、

Dans le cafe de la jeunesse perdue を読んでいます。「娘たちからはお父さんはミーハーだから」といつも笑われますが、僕は今流行りのものに弱く、読書も、当然例外ではなく、話題のものをいつも読みたくなります。この小説の冒頭、60ページ前後で「刑事がホームレスに変装して市民の中に入る」と言うシーンが出てきますが、さすが、政治警察の本場、日本帝国の悪名高い旧特高警察のモデルの国だなと感じました。パリに住んでたころ、長く現地で会社を経営し、日本でも、その晩年1年だけ、フランスのアクセサリーブランドの社長を務めた友人が、フランスの政治警察(司法警察)の陰険さを語っていたことを思い出します。どの国でも、長く住んでみなくては、その国の光と影は理解出来ないのですね。

<     >
トマ・ピケティの「21世紀の資本」みすず書房刊も欲しいのですが、\5940.約6,000円、700ページの大著。読みきれるのかも疑問です。この著者、本国、フランスでのシュパリェ勲章授与を断ったそうです。なかなか、骨のある学者さんですね。そういえば、僕の勤めていた会社のオーナーもフランス経済に貢献したことで、ここ在日フランス大使館でシュバリェ勲章を貰ったことがありました。亡くなって随分経ちますが、当日、件の大使公邸での、喜んでおられたお顔が忘れられません。

| | コメント (0)

2015年1月 4日 (日)

英検1級合格記録 通訳案内士への道 余白期間

昨日は午前、半日しか読書、語学ドリルの時間が取れませんでした。早朝にフランス語の書き取りを1時間やり、その後30分、オリジナル・テキストでフランスの現代小説を読み進めました。そして、簡単な朝食後、20分、「試験にでる英文法」森一郎著に目を通して、その日の勉強は手仕舞いとしました。この「試験にでる英文法」は絶版になっているj受験参考書ですが、この問題集が記述している「盲点」を読むだけでも、忘れていた基本文法を思い出すことが出来ます。ドりルも飽きたら、基本に戻る。これが、外国語の勉強には大切だろうと、僕はいつも考えています。皆さんも明日から、仕事ですが、あすに備え、今日は体調を整えておきたいものですね。それぞれに英検、TOEIC,通訳案内士と今年の目標を皆さんも、もたれると思いますが、「良い習慣」を維持しながら、ゴールが達成出来ますように祈念致しております。

| | コメント (0)

« 2014年12月28日 - 2015年1月3日 | トップページ | 2015年1月11日 - 2015年1月17日 »