«  ハロー商法の利点と欠点 | トップページ | 力技とコネで通訳案内士、新人デビューなるか!? »

2017年1月28日 (土)

コネと力技で通訳案内士の仕事を確保?!

僕は60代も後半も後半。このブログで何度も書いていることなのですが、65歳になる直前まで、ひとつの会社で過ごし、欧州以外での勤務は国内ではなく、ずっと東京で勤務しました。
62歳まで、自分で立ち上げたプロジェクトの責任者でしたから、待遇も肩書きも以前と変らず、別に何かを定年後の目標にしようとも考えてもいませんでした。ただ、嘱託扱いになり、総務部付部長になった63歳、その後2年は社内研修プログラムやコンテンツを全て作成し、研修講師も一部担当した64歳で、必要に迫られ英検1級を取得。65歳手前の12月が最後の給料となりました。退職後に歴史検定2級を取得し、環境が整った時点でフランス語と英語の通訳案内士試験をほぼ、図書館の資料と「通訳ガイド試験をはじめからていねいに」サイトの情報だけで受験。フランス語は1次で敗退。英語通訳案内士には漸くなれましたが、もう、67歳。年齢のことを長々と書きましたのは、尋常な方法では通訳案内士にデビューするなど不可能だろうと考えるからです。どこの会社が高年の新人ガイドを雇おうと考えるでしょう。色々な新人セミナーの写真を見ますと、僕のような年齢の男性が多く写り込んでいますが、果たして採用してくれる会社があるのでしょうか?僕の次女はバカロレアも持ち、仏系の会社を渡り歩いているのですが、通訳ガイドが高年齢ですと、フランス人のお客から「もっと若い人はいないのか」とたびたび言われるそうです。その現実を踏えて、次回のブログでは、僕の現在の強引で、多少あざとい仕事確保のための求職営業活動を報告したいと思います。

|

«  ハロー商法の利点と欠点 | トップページ | 力技とコネで通訳案内士、新人デビューなるか!? »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  ハロー商法の利点と欠点 | トップページ | 力技とコネで通訳案内士、新人デビューなるか!? »