« 通訳案内士ドリルと「新山王ホテル」 | トップページ | フランス語文法と単語ドリル »

2017年6月11日 (日)

フランス語通訳案内士への道は遠い

左足骨折手術から丸3ヶ月が過ぎ、漸く快復して来ました。室内でははだしで歩けるようになり、外では足底板を着けてはいるものの、かなりスムースに歩けるようにはなりました。ただ、踝の腫れは残り、長時間歩けば痛みはまだ出ます。ただ、主治医の先生は腫れの引くのは時間の問題と話しておられましたので、週明けからはゆっくり、新しい仕事を始めたいと考えています。きちんと歩けなくては、積極的な営業活動も出来ませんので、それは左足の状態と相談しながらになりますが。
<      >
さて、昨日は「あなたにもできるフランス語通訳ガイド2003年版」を読み、「自作仏文法メモ、日本的事象和訳メモ」をおさらいするのに2時間。疲れ果てて、ドイツ語単語・文法は20分で
ドリル終了。こんなていたらくで、フランス語通訳案内士試験を受験するかどうかは、今も迷っています。これは電子申請でクリックするだけのことなのですが、一次に受かる見込みもないのに、受験するのは時間と受験料の無駄でしょう。ただ、ドリルを続ける意欲を維持するためには受験もありでしょう。
<         >
iJe suis deçu mon moral pour maintenir mon etude de la langue française ,concernant l'examen national pour la guide et interprete.
20170611_125824 20170611_125853

|

« 通訳案内士ドリルと「新山王ホテル」 | トップページ | フランス語文法と単語ドリル »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/71572107

この記事へのトラックバック一覧です: フランス語通訳案内士への道は遠い:

« 通訳案内士ドリルと「新山王ホテル」 | トップページ | フランス語文法と単語ドリル »