« 経営方針議事録の翻訳 | トップページ | ビジネスモデルをどう構築するか? »

2017年8月11日 (金)

フランス語ドリルを真剣に

マルセルパニョルの「恋人達 の時間」をオリジナルで読んでいて、そろそろ後半も後半に差し掛かるのだが、タイトルの甘さに反して、小説の内容は南仏のある地方のペストにまつわる村人達の逃避行を描くようになり、その描写は生々しい。ロマンチックさなど微塵もなく、いかに人々はペストを恐れたかがひしひしとして伝わる。

今朝は急にシンガポールから来ている株主社員との時間が取れたので、電車で事務所に向かった。
その行きと帰りにフランス国営放送をアイパッドミニで読み、ビデオを無音で観た。
単語は3語のみ辞書で調べた。結構、辞書を引く時間は減って来たような気がして来た。

|

« 経営方針議事録の翻訳 | トップページ | ビジネスモデルをどう構築するか? »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経営方針議事録の翻訳 | トップページ | ビジネスモデルをどう構築するか? »