« 2017年3月5日 - 2017年3月11日 | トップページ | 2017年3月19日 - 2017年3月25日 »

2017年3月12日 - 2017年3月18日

2017年3月18日 (土)

フランス語のやり直し

手術の経過は順調、ただ、きちんと治して、歩けるようになって帰って来るようにとの妻のお達しなので、入院は長引きそうです。リハビリに時間をかけるようにするのが、その理由です。そこで、中級フランス語文法ドリルに時間が沢山割けます。単語8000語と文法の克服を入院中の課題としたいと思います。
最も、今日は文法練習問題を2ページこなしただけとなりました。
追記
21時消灯なので、その前に日本的事象を3、4覚えます。

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

通訳案内士 留学する看護師

この病院は立地も良く、設備もそう古くはなく、医師も看護師もにこやかで、親切。それでも離職は頻繁なようで、僕の世話を良く焼いてくれた、とても気立ての良いRさんは、今朝の夜勤明けが最後の勤務。カナダでワーホリの予定。握手して別れる。午前中リハビリなのですが、フランス語ドリルはできそうにない。
それでも、フランス語の日本的事象単語を3個を覚える。その直後、
Rさんが面会室経由で帰宅するところに出くわし、ハグして別れる。


| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

通訳案内士 今日からリハビリ

今朝は「GUIDE TEXT」で日光篇を少し読みました。山岳信仰としての日光信仰は古く、例により空海伝説が8世紀には出てきていますよね。そして、「ペスト」を読んでいると朝食時間になり、小説は一時中断、S君とも遊ぶ約束をしているので、午前中のドリルは無理かも知れませんね。結局、オセロを一回やり、僕は日本的事象の単語をいくつか復習。リハビリは午後から1時間、太ももとふくらはぎが痛くなりました。その後、フランス語文法ドリルは40分だけしか出来ませんでした。

| | コメント (0)

2017年3月15日 (水)

通訳案内士 友達のS君

1年生のS君は昨夜もひとりで病室、点滴を受け夜が明け、午前中はふたりでオセロ、その後はまたフランス語文法を少しだけ、、午後は「フランス語表現とことんトレーニング」を40分ほどやっているとレントゲン検査の呼び出しと妻がエレベーターホールに姿を見せるのが同時、忙しい夕刻となりました。

| | コメント (0)

通訳案内士 カミュ「ペスト」を読む

僕はカミュが好きです。最近、彼の極貧の少年期を描いた映画がwowowで放映されましたが、映画の内容をとやかく言うより、母国でカミュが忘れられた作家ではなかったことが、とても嬉しかったのです。
さて、「ペスト」難解です。1ページで2、3個解らない単語が出てきます。神の不在も、この小説のテーマのひとつです。なにしろ、神父のタロに、医師リューは「神の存在をあなたは信じていないのに、何故そこまで患者に尽くせるのか?」と聞かれているですから。その一方、神父タロにしても、リューの答えのなかに何らかの啓示のようなものを見いだそうとしているのですから。1947年、第二次世界大戦から2年しかたっていません。フランス植民地、アルジェリアの港湾都市、オーランが舞台の傑作小説。

| | コメント (0)

2017年3月14日 (火)

通訳案内士 朝一番

隣の患者さんのイビキが相変わらずひどいので、眠剤をまた貰い10時位に就眠。5時には電車の音で目覚めました。洗面の後、面会室内で1時間ほど仏語のドリル、そして「ペスト」に短時間目を通します。この病院にいる間に少なくとも、日本的事象を仏語に直したものだけは覚え切りたいものです。
午前中は病棟で知り合った7才の男の子とウノを、教わりながらやる羽目になり終わってしまいました。孫と同い年なので、楽しい日に、楽しい午前中になりました。午後は文法ドリルの復習を1時間。途中頭が痛くなりお昼寝、熱がまだあるのでそれは仕方ないのですが。

| | コメント (0)

2017年3月13日 (月)

英検1級は必須 英語通訳案内士?

いわば、無資格者が通訳案内士を名乗るとなると、世間はもともとこの資格が結構ハードな国家試験を突破しなくてはならないことなど、全く認識していないので、英検1級なり仏語検定1級なりを持ち、全国通訳案内士になった人に対しては、無資格者自身が引け目を感じる程度だろう。ただ、使う側の選別は進み、カースト化はするかも知れませんね。しかし、邦文受験科目が4つにもなっては受験者は激減しないのでしょうか?研修を受けただけの案内士もどきが増えなければいいのですが。

| | コメント (0)

通訳案内士は英検1級の裏書きか

昨夜は眠れなかったので、眠剤を貰い5時までは眠ることが出来ました。また、ガイド新人セミナーで受けた印象に戻りますが、皆さんセルのような英語学校で英検1級や通訳案内士受験の指導を受けいるか、いたようです。
2年前に通訳案内士資格を取られた方も、英検1級は1、2点が足りなくて合格出来ていないとか、
新制度でスコア配分は変わったようですが、難度が変わっている訳ではないとのこと。
やはり、英検1級を取らないと英語使いとしては自信をもてないと、通訳案内士資格だけではなにか心もとないとのことでした。

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

通訳案内士は全国通訳案内士に

10日に閣議決定されたと言うことは、6月の通常ないし、9月までの延長国会で可決成立、法律の周知には6ヶ月が施行までの猶予となるので、最短では、理論上2017年の12月から研修を受ければ、「地域限定通訳案内士」になれる訳です。
僕は今年のフランス語通訳案内士試験を受けるつもりですが、保険で「仏語地域限定通訳案内士」に登録する
ことも出来る訳です。これは、英語のほかに2、3か国語が英検2級レベル以上であれば、その人の活躍の場が拡がることを意味します。フランスの国際バカロレアを持つ、娘のひとりによれば、フランス語通訳案内士でも、会話がうまくない人は少なくなく、お客さんから、「何を言っているのか分からなかった」と言うクレームを受けることは、決して少なくない、とのことです。相手はもちろん、フランス人です。帰国者であれば、ほぼ、会話はネイティブですから、これはおもしろい競争になるかも知れませんね。

| | コメント (0)

« 2017年3月5日 - 2017年3月11日 | トップページ | 2017年3月19日 - 2017年3月25日 »