« 2017年8月27日 - 2017年9月2日 | トップページ | 2017年9月10日 - 2017年9月16日 »

2017年9月3日 - 2017年9月9日

2017年9月 9日 (土)

フランス語とドイツ語の毎日ドリル


フランス語ランキング ポチッとよろしくお願いします。
「絵で見るフランス語2」はとても良いドリルだ。極めて実務的、文法のやり直しにとても良い。
やはり、問題を解きそれをすぐにノートに取ると効果が上がる。まだ図書館の所有物だが、
9月中にアマゾンで注文しようと思う。
そして、ドイツ語、 こ ちらも2年目なので、話せるようにしたいもの。昔のリンガフォンも引っ張りだすかな。これもカセットテープ、あるケーブルを使えばPCに取り込めるので、これもアマゾンで変換ケーブルを安く買い、ウオークマンに取り込んだ。テキストも例により20分だけ読み込み。
<           >
Il fait tres beau aujourd'hui, je me promene dans le petit jardin pres chez nous.
 

| | コメント (0)

2017年9月 8日 (金)

2年で一言語の習得



フランス語ランキング

2年で1言語の習得は可能だろうか? 徹底すれば可能だろうが、それを幾つもの外国語の勉強に費やせ
ば、人生の残り時間が殆ど無くなるだろう。外国語は読める、話せる、聞ける、書けるの段階にまで達したなら、その後は毎日メンテナンスして行かなければ、簡単に元の木阿弥になってしまう。言語は使い続ける必要がある。1日を有効に使い、複数言語も手に入れ、維持する方法はもちろんある。
例えば、母語である日本語のメンテナンスも当然必要で、
その上で、3ヶ国語の力が一定以上の人は、各国語で雑誌であれ、ネット上のニュースであれ、読み続ける必要がある。多言語音読ももちろん有効だろう。
そうなると、1日3時間は必要で、その時間を無駄使いしない為には、それらの言語で必要とする情報を入手し続けることを日常にすることだろう。


Il a plu hier après midi. J'ai monté mon velo et naturellement mouillé.

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

語学テキストはいつも図書館で見つける

そろそろ、2年目に入る「ドイツ語がわかる最重要単語850」、別売り音声はなんとカセット・テープ、PCに取り込んではいるが、殆ど聞いてはいない。1日20分だけテクストを開き、毎日読んでいる。ストレスを感じない方法でドリルを続けてはいる。これも元々は図書館から借り、後にアマゾンで買ったもの。

<           >
いま、お気に入りの「絵で見るフランス語2」、これはやり直し編。入門文法に立ち返ると語学は壁塗りになる。幾層にも塗り固めないと外国語は身に付かない。フランス語も死ぬまで勉強するだろう。このテキストも2,3週間後には、また、買うことになるのだろう。
<           >
「フランス語表現とことんトレーニング」、この本は入院中にドリルを何度もやり直したもののひとつ。 アマゾンで買ったのは二年前。 このテキストも随分前に図書館で借り出したもの。初級文法のやり直し、単語はどんどん増えているが、正しいフランス語は初級文法をやり直し、中級文法に進まないと書けるようにはなれない。
<           >
Ce sont des 6,000 langues vivantes dans le monde, j'adore des  langues 
étrangères.
C'est la clef pour la civilisation et culture.
 

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

絵で見るフランス語 book 2 新装版

目黒区の図書館で上記タイトルのフランス語ドリルを借りて来た。今までの文法書も使いながら、この一切日本語は使われていないテキストで初歩文法をやり直す。4週間は延長を繰り返し借りておき、ドリルをやり終えたい。
今度の新規事業では思いっきりフランス語を使うことになりそうなので、徹底的にやり直しを、この一カ月で終えたい。翻訳は次女にお願いすることになる。これは長丁場となることだろう。校正は自分で済まそうと思う。


Hier,
Je m'étais tout occupé pour mes affaires donc je n'avais même touché pas une livre de poche.

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

多言語の時代はビジネス チャンス

インバウンドの時代に入り、マイナー言語を駆使すれば訪日旅行でのビジネスチャンスは大きく拡がっていく。また、そんななか 成功の事例も多く見聞きするようになった。
欧州系ではイタリア語、フランス語そして需要は高いが供給が全く追いつかないドイツ語。ロシア語も有望だが、話せる人の数が少ない。こちらも商社やガス関連で正社員になっているのだろう。
アジア系では、中国語と韓国語を除くタイ語やインドネシア語あたりが有望だろう。中国語と韓国語はネイティヴで日本語の話せる人の数が元々多い上に、日本政府はモグリガイドや白バスの摘発に全く力を入れて来なかった歴史が長く、業界そのものが値崩れを起こしているので、これから参入しても赤字になるだけだろう。中国人団体の、土産物屋のマージンに利益の大半を頼る不健全さはなんとか ならないのだろうか?
言語分類からは、少し唐突だが、
アラビア語は、小池都知事が駆使できることで有名だが、需要は高いものの、人材は石油関連や商社に吸収されており、初学者では、これから学んでも習得に5,6年は確実に掛かるのでオリンピックには間に合わない。
どの業界でも同じことだが、
いかに、イギリス語一辺倒で来たかが良く分かる。

La langue,c'est une chose charmante,j'adore la langue qui est la clef pour une autre monde.

| | コメント (0)

« 2017年8月27日 - 2017年9月2日 | トップページ | 2017年9月10日 - 2017年9月16日 »